So-net無料ブログ作成

エアコンと床暖 エラー E8、LLで動かないとき 2.再び床暖でエラー 今度は、不凍液の不足、定期的に減った分を入れるらしい [エアコンと床暖 エラー E8、LLで動かないとき]

実家に帰ると、決まって、いろんな雑用を頼まれ、特に末っ子ではありがちかもしれない。前回の連休では、夏の暑い時期にエアコンが動かず、これは、床暖と屋外の室外ユニットの間で問題があり、この室外ユニットがエアコンと兼用だったため。

今度は、2階の床暖に電源を入れ、数時間後に、再び、警告音。壁のリモコンを見ると、LLという表示。住宅メーカーから渡されたマニュアルには、このエラーメッセージの説明は無く、床暖の説明書を調べたところ、床暖に使われている 不凍液の不足とのこと。補充するから、補充液を入れろとある。

狙ってるんじゃないかと思うほど、いいタイミングで、エラーメッセージを出してくるのだが。2階の床暖は、普段、使ってないため、たまに使うと、こうなるのかもしれない。

床暖の補充液を入れればいいという話なため、故障というほどでもなく、大したこともない。渡されていた補充液はあるということで、ピンクの液体が500ccほどあり、今回は、楽に済みそうだと思っていた。入れるのは、簡単で、外にある室外ユニットの上にあるカバーとフタを外し、そこから入れるだけ。

yukadana.jpg

ところが、補充液を全て入れても、十分ではなく、中をのぞいても、底に液体が見えない。説明書には、注ぎ口の近くまで入れるように書かれており、明らかに足りない。しかも、2台あるうちの1台なため、もう1台も不足気味。

この不凍液、どこで手に入るのか調べたところ、説明書には純正を使うようにと書かれているだけで、商品名などの記載がない。これでは、ホームセンターやネットで買うこともできず、結局、住宅メーカーに連絡、早々に届けてもらうことに。

yukadanb.jpg

これが、その不凍液なのだが、容器に入れて持って来たもので、商品名が分かるような感じでもなく。2台に入れたところ、この不凍液の半分は使っただろうか。

説明書をよくよく読んでみると、床暖を使わない時期には、室内にあるヘッダーボックス、床暖のホースが並んでいるところで、元栓のようなものを締めるように書かれており、それも、全くしていなかったようだ。床暖の不凍液は、1年で500ccほどが蒸発するため、様子を見ながら、継ぎ足すもののようで。

床暖というと、数年は何もせずに、使えるものだと思っていただけに、意外なのだが。父や母に、それを説明したのだが、顔を見れば分かるが、全く聞いていない。

父は手先は器用だが、自分勝手にやり出すクセがあり、母に関しては、押すだけのフードプロセッサーも壊すため、期待はできない。どうにもならない状態で後始末をするよりは、こちらがやった方が、少ない手間で済むのかもしれない。

説明書を読まないというところに、一番の問題があり、どういう育ち方をしているのかとも思うのだが。これは、生まれ持った性格だろうし、今さら、直るようなものでもなさそうだ。


nice!(238) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 238