So-net無料ブログ作成

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  779.揃うと違った良さも感じられ、メンバーならではの話も面白く [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演を生中継でも観たのだが、様々なメンバーが出演する 『ただいま 恋愛中』公演。昼夜の2回公演なのだが、体調不良の下野由貴が休演になり、夜公演には、急遽、松岡はなが出演していた。その日に振りを覚えてというところに、特技がダンスの凄さもありそうで。

昼公演の自己紹介とお題のところでは、『お正月の過ごし方』がテーマなのだが、冨吉明日香の実家での話が面白く。久しぶりに帰って来た姉を見て、お父さんが、『お前、ツタンカーメンに似てきたな』と言い出し、それに、お前の遺伝だぞと思ったという話に笑いも起きていた。

ツタンカーメンというと、金色のマスクが定番なのだが、例えが面白く。エジプトだけに、クレオパトラなら、褒め言葉としては分かりやすいのだが、ツタンカーメンとなると、可もなく不可もなくのような、微妙なところもあり。久しぶりにあった娘へのひと言なため、つい出てしまったということだろうか。

ユニット曲 『帰郷』に、駒田京伽 (ひろか)、冨吉明日香、村川緋杏(びびあん)の3人。駒田京伽と冨吉明日香は、二人とも宮崎県出身で、テレビ番組 『HKTバラエティー48』の『宮崎と宮崎』でもあり、初めて二人が揃ったのだが、穏やかな雰囲気が似ているようにも感じられる。

歌詞の内容が、故郷を思うものだけに、思い浮かぶ故郷の風景、生まれ育った地元の空気感などが、表れているのかもしれない。夜公演後のトークでは、宮崎弁で二人が話しており、話のテンポが変わるだけに、MCとの違いも大きく、ギャップに良さもあり。

この曲の後に、MCが入るのだが。メンバーが異色過ぎて、雰囲気が掴めないという 冨吉明日香の話もあり、バランスを取る際に、どちらに寄せるかということだろうか。他のMCとテンションの違いもあり、素直な気持ちのようなものも感じられる。

可愛いと思った言動というお題では、メンバーそれぞれで目の付けどころが様々で、ステージ上の姿や楽屋での話など、盛り上がっていたのだが。矢吹奈子の話が、意外な一面が感じられ、興味深く。

この公演で、矢吹奈子が、山下エミリーと一緒に歌うところで、目が合わないのも恥ずかしいようで。見てくれないため、山下エミリーを見なかったところ楽屋では、『何で、奈子、見てくれなかったの』と言われたとなり。

周りのメンバーからは、可愛いと声も上がるのだが、本人は、恥かしそうで。すると、司会を務める 田中優香から、『そういうの。ファンの人が大好きだから、大丈夫』と言われ、高めの声のイメージがあるだけに、低めの声で話していると説得力もありそうで。

『かまってちゃんですよね』、『うれしげじゃないんですか』など 山下エミリーが、先輩の村重杏奈にどんどん行く感じも面白く、新鮮さもあり。しかも、二人が並んでおり、村重杏奈が司会の方へ向いているところで、後ろから突いてくる感じも、ユニークさがある。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(260) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 260

 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。