So-net無料ブログ作成

PS4 龍が如く 極 新作感覚、相変わらずの面白さ 3.遊び方にも慣れ、余裕がありつつの良さもあり [PS4 新作感覚で楽しめる 龍が如く 極]

龍が如くは、2015年6月時点で、廉価版や外伝なども含めると、全世界の累計出荷本数は750万本を超える人気シリーズ。中でも、『龍が如く 5』は、地域の特徴が感じられる良さがあり、この点が、その後の新作には、あまり感じられず。『龍が如く 極』を手に取る際にも、気になっていた。

ところが、実際、やってみると、自由に動き回れる街に馴染みがあり、どこに何があるか分かるというのも、それはそれで良さがあり。知らない場所に来たという新鮮さは無いものの、知っていることで迷うこともなく、遊びに余裕も感じられる。

今までは、街に豊富にあるサブストーリーよりも、メインストーリーに惹き付けられがちになっており。そうなると、メインストーリーを無理にでも進めるため、終らせなければとう意識が強く、長時間プレイしながら、ギリギリの状態でクリアすることもあり。

このゲームでは、メインストーリーを終えた後でも、変わらず、街で遊べる仕組みにはなっている。ただ、サブストーリーをクリアすることで、キャラクターの能力強化になり、そこが、ポイントでもある。

メインストーリーをクリアすれば、より強くなったとしても、倒さなければならない相手がいる訳でもなく、目指す先がない。そこで、ゲームをやらなくなるというのが、いつものパターンだった。

それが、今回は、街のマップもそうだが、どこで何ができるかも知っているため、のらりくらりとしながら遊ぶことができ、時間に合わせて遊べている。メインストーリーの合間に、多くのサブストーリーをやるため、キャラクターも強くなり、バトルの面白さもより感じられる。『どこでも真島』も、ある程度までやると、メインストーリーを進めなければ、ケンカを仕掛けられなくもなる。

知っている街でも、進む方向が逆になっただけでも、見えないものが見えることもあり、街の狭さは感じない。サブストーリーも多彩で、新たなゲームも相変わらずと、やはり、面白さがある。

こうなると、『Star Wars バトルフロント』は、全くしなくなるのだが、こちらも、色あせないところがあり。最近、無料コンテツの配信があり、今年の2月、3月、夏、秋、2017年初頭にアップデートが予定され、新マップなどが追加される。



上の動画は、12月に配信された『バトルオブジャクー』なのだが。『Star Wars バトルフロント』は、物語が無く、戦闘のみを楽しむ対戦型ゲームなため、マップが加わることでの変化が大きく。年内に、度々追加されれば、新たな気分で遊ぶことができ、楽しみが広がる。

人間模様と街の面白さがある 『龍が如く』に、スターウォーズの世界で戦闘が楽しめる 『Star Wars バトルフロント』、ジャンルが違うこともあるのだが、どちらも良く。

huluで映画やドラマを観たり、Amazonプライムで曲も聴き放題なのだが。やはり、手軽に非日常で遊べるという点では、やはり、ゲームに勝るものはないのかもしれない。


  


nice!(265) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 265