So-net無料ブログ作成

PS4 飛び回る爽快感が凄い 進撃の巨人  4.物語をクリアしても、進撃モードは終わらず、依頼を受けつつの様々な調査任務、対象エリアの拡大など、まだまだ続く [PS4 面白くなりそうな 進撃の巨人]

『PS4 進撃の巨人』には、現時点では、物語に沿った 『進撃モード』、キャラクターを選び、自由にミッションを選んでプレイする 『壁外調査モード』の2つがあり、オンラインでの『共闘モード』は、3月末から利用できる予定になっている。

『進撃モード』も、『壁外調査モード』も、報酬や経験値は共有されているため、どちらをやっても、レベルアップなどはするようになっているのだが。アニメのようなシーンが間に入る 『進撃モード』は、20ステージあり、これを全てクリアしても終わるものではなく、三国無双を感じさせるところに、むしろ、ここからが始まりなのかもしれない。

進撃モードが終わると、兵舎を拠点に様々な調査任務を選んで行うことができ、その数も、結構な数なのだが。これをある程度、進めたところで、調査対象になるエリアが増え、さらに、ミッションに広がりがある。

物語を終えた『進撃モード』は、『壁外調査モード』と同じじゃないかと思われそうだが、これが、重なる部分もあるものの、違いもあり。『進撃モード』は、依頼があり、お馴染みのキャラもいるなど、物語の中という雰囲気がある。

一方の『壁外調査モード』は、近くに建物があるものの、野外でのキャンプという印象で、周りにいるのは、一般の調査兵のみ。進撃モードとの違いとしては、調査任務の他に、遠征任務があり、立て続けに調査任務を行うこともできる。どちらかというと、物語が続いているという感じはない。

どちらのモードも、キャラを選んでプレイすることになるのだが。進撃モードの依頼は、キャラにより違うため、例えば、エレンが依頼を受け、リヴァイで、その依頼をクリアするということはできない。依頼を請けたキャラで、やることになる。

依頼を満たすと、報酬ではなく、日常を感じさせるシーンが始まり、そこに、キャラクターの人間味もある。これも、アニメでもありそうな、ちょっとしたシーンなのだが、ゲームの中でも浮いた感じもなく、雰囲気がある。

依頼というのも、一つずつではなく、まとめて請け負うことができるため、依頼のために調査任務を行うというよりは、調査任務のついでに、依頼もクリアできるという感じだろうか。この依頼も、クリア後の『進撃モード』だけではなく、『壁外調査モード』で満たしても、クリアにはある。

これだと、クリア後の『進撃モード』では、物語に沿ったステージは、もうできないのかという、そうでもなく。拠点で過去の任務を見ることができ、そこから、再び、プレイすることができる。これも、戦闘だけではなく、ドラマ部分も、そのまま始まる。

進撃モードは、進撃の巨人の物語に沿ったものなため、アニメを観ていれば、進み具合から、このくらいで終わるだろうというのは分かる。ただ、その後、こういうカタチで続くというのは予想外で、ゲームとしてのボリュームはある。

進撃モードでは、アニメの第1期まで進み、クリア後は、物語の展開よりも、日々の任務がメインというような、そんな感じだろうか。装備品の細かさもあるため、長く遊べそうで、そう簡単に、やり尽せるようなものでもなく。

これに、オンラインでの共闘モードも加わると、他のユーザーと共に戦うことになり、さらに、楽しめそうだ。


   


nice!(249) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 249

 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。