So-net無料ブログ作成

描けなくてもマンガが作れる コミポ 2.組み合わせの簡単なキャラながら、選べる 表情と姿勢も豊富で、表現の広がりもあり [絵心がなくてもマンガになる PCソフト コミポ]

絵心がなくても、マンガが作れるという PCソフト『コミPo!』なのだが。キャラクターは、ゲームのカスタマイズ感覚で作ることができ、その割に、表情や姿勢で表現できる幅も広く、操作自体も簡単で良く。

comipo01.jpg

キャラクターの作成というのも、基本になるもの、表情や姿勢を加えていないものなら、5分とかからず。これは、『コミPo!データコレクション』などを加えれば、選択肢が増え、作れるキャラの幅が広がる分、複雑になるのかもしれない。

comipo02.jpg

元になるキャラを作った後は、表情と姿勢になるのだが。この画像からは、感じられないかもしれないが、キャラクターは、全て3Dで作られており、視点も自由に変えらる。後ろを向かせれば、後ろ姿になり、頭上から見下ろすように見せることもできる。

comipo03.jpg

comipo04.jpg

表情については、現時点では、353パターンあり。それを選択するだけで、驚いた表情、怒った表情などができる。さらに、姿勢は、223パターンあり、さらに、各ポーズでの首の上下左右、傾き、頭の大きさも調節できる。

表情と姿勢は、選択肢が多いため、カテゴリー分けされており。例えば、表情なら、『驚き』を選べば、それに関連するものが表示され、姿勢なら、同じ様に、『上半身のしぐさ』とすれば、ケータイで話す姿や頭をかかえる姿などが表示される。

やりやすい点としては、選択したものが、すぐに、プレビューとして、作っているキャラに反映されること。姿勢を決定する前に、その姿を見れるため、やってみたら違うというのが起こり難く、手間も省ける。

使いやすいとは言え、選択肢にないことはできないため、どれができて、どれができないかというのを把握する必要はある。それでも、これだけ、いろいろできるのは凄く、絵心がなくても、見た目で分かるものができるというのは、画期的でもある。

能のお面は、どの角度から見るかで、怒っているようでもあり、喜んでいるようでもあり、印象が違う。この『コミPo!』のキャラも、どの角度から見せるかというのは、自由なため、工夫次第で、より多彩な表現ができるのかもしれない。





nice!(243) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 243