So-net無料ブログ作成

役に立つ本を読む 10.脳が冴える15の習慣 面倒なことが役に立つと思えれば、やりがいもあり [役に立つ本を読む]

以前から、頭の使い方にコツがあるんじゃないかと感じており。そこから、それに関する本を読みつつ、このブログでも、気になる部分があれば、書き留めたりしているのだが。

今回、読んだ 『脳が冴える15の習慣 ―記憶・集中・思考力を高める』は、何をすれば、効率よく頭を動かせるかを説いており、身近で実践しやすいことも多く、分かりやすさもある。

この本の中では、こういうことをすると良いとは書かれているのだが、これを踏まえて、自分なりにアレンジして、無理なくできるものを見つけるようにという話もあり。これは、自分に良くても、相手も同じように良いとは限らず、向き不向きがあるからだろうか。

特に、興味深く読めたのが、家事は脳トレという話。どこかで聞いたことがあるようなもので、特に珍しい話でもないと思われそうだが、この本に書かれているのは、ありがちなものとは、ちょっと違う。

脳には、思考や創造性を担っている 前頭葉があり、これが使い過ぎて、疲労すると、上手く機能しなくなり。そこで、感情に関する 原始的な脳が強くなり、頭を使って、何かやっていたとしても、疲れてやめるという 流れに。

ここで、スポーツを想像させるところがあり。前頭葉が、瞬間的にではなく、効率よく動き続けることが重要で、それを保つための脳の体力、耐性が必要という話。

それを鍛えるには、面倒に感じることをすればいいとなり、そこで、家事が理想的な脳トレとも書かれていた。この本の中で、料理と整理整頓を含めた掃除に触れており、なるほどと感じるのだが。

料理は、確かに、いくつかの料理を同時に作り始め、後片付け、火加減などタイミングもあるため、かなり頭を使っており。掃除にしても、綺麗にするだけではなく、整理整頓となると、使う状況を考えて行うため、複雑さがある。

面倒と感じることを積極的に行うことで、考える体力も付くということだが。もしかすると、考えること自体が、面倒なことで、日々の生活の面倒を避けると、考える面倒も避けがちになるのかもしれない。こうなると、忍耐の話にもなりそうだ。

家事の面倒は、ある程度、家電で補うこともでき、お掃除ロボットもあれば、食洗器もあり、面倒だったら、冷食を電子レンジで温めれば、ご飯は食べれる。便利になればなるほど、脳トレの機会は減るため、知らず知らずのうちに、考える力は低下するとも言えそうだ。

ただ、脳トレになるからと言って、疲れた状態で無理してやるのも体に悪く、適度にという話にはなる。それでも、面倒なことこそ、ためになると思えれば、辛さも緩和され、やりがいもあり、いい考え方なのかもしれない。




nice!(211) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 211