So-net無料ブログ作成

LINE クリエイターズスタンプの話 6.マイページの統計情報 アイテムとエリア 使用状況が分かるのも面白さがある [LINEスタンプを作ってみよう]

前回は、LINEのアニメーションスタンプを作る際に、分かり難いところやリジェクトされた理由などを書いたのだが。販売を開始すると、売上レポートは、売れた数なため分かりやすいのだが、統計情報がよく分からず。

統計情報には、アイテムとエリアがあり。アイテムは、購入されたスタンプの送受信で利用頻度を、エリアは、そのスタンプが、どこでどのくらい使われているかを表している。

d01.jpg

data02.jpg

LINEのマイページにある Q&Aにも、統計情報については、特に記載は無さそうで。上の画像は、1つのアニメーションスタンプに絞った 統計情報のアイテム。

送信スタンプ数は、送ったスタンプの回数になり、受信スタンプ数は、それを受け取った回数。上が送信スタンプ数、下が受信スタンプ数になり、グラフの横の数字を見ると、ケタが全然違うのが分かる。

これは、LINEを複数で使い、スタンプを送信する人に比べ、それを受け取る人の方が、圧倒的に多いからだろうか。直接、スタンプを利用しているのは、送信側なため、送信スタンプ数が多ければ多いほど、よく使われていることになる。

このグラフで感じるのは、急激な落ち込み。これを見ると、作った アニメーションスタンプは、日々使うようなものでもないのも、伝わってくる。日常生活の中で、こんな状況で使えそうなと考えて作ったものではないため、こんな感じなのかもしれない。

利用されている 国で見ると、受信スタンプは、あちらこちらの国なのだが、送信スタンプでは、なぜか、群を抜いて、イラン。どこで、多く利用されるかは、やってみないと分からないというのも、面白さがある。

利用状況が分かると言っても、具体的に、どんな人が、どのようなやり取りの中で、使っているかまでは、もちろん、分からない。それでも、数字として、1日に、どこで、どのくらい使われているかが分かり、そこから想像できる 楽しみはある。

アニメーションスタンプは、ちょっとずつ動きを付けながら作るため、結構な手間もかかっている。その分、愛着があるのかもしれない。


nice!(213) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 213

 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。