So-net無料ブログ作成

スマホで1日単位の通信制限 OCNモバイルONE 2.手続きの本人確認で郵送を選ぶと1週間ほど待たされるのだが、無料のWi-Fiスポットが使えており [主に自宅でスマホを使うなら OCNモバイルONE]

前回、他社とサービスを見比べた時に、通信制限が1日単位なため、上限に達しても翌日には、普通に使えるという便利さから、『OCNモバイルONE データ通信専用SIM』が良く、また、契約したと書いたのだが。やはり、110MB/日プランで月額972円は、必要な分だけで都合が良く、お得な感じもある。

自宅では、パソコンを使うため、WiMAX+2を使っており。自宅では、それとWi-Fiでつないで利用するため、外出時には、全く使えないと困るのだが、そう、長時間使うこともなく、通信量も、たかが知れている。

しかも、2016年7月1日から本格的にサービスが開始された『Wi-Fiスポット』は、プリペイドタイプのOCNモバイルONE以外なら、どのコースでも無料で利用でき、Wi-Fiスポット数が8万2000カ所あり、駅も含まれている。そのため、1日110MBで、それを超えると低速になるのだが、これらの無料 Wi-Fiスポットを通勤や通学時に活用できれば、より使えることにもなる。

OCNモバイルONEは、SIMフリースマホで利用できる格安SIMで、今回、契約したデータ通信専用の他、SMS機能付きデータ通信専用、通話もできる音声対応パッケージがあり。どのタイプかを選び、そのSIMカードをネットで購入、手続きもネットで行えば、スマホが使えるようになるというもので。月々の支払いは、クレジットカードになる。

yusou.jpg

手続きする際、契約が2回目なため、試しに、本人確認を郵送にしてみたのだが。郵送を選ぶと、すぐには届かず、1週間ほどかかる。届いたのが、上の封筒なのだが、ネット接続やメール設定に必要なIDやパスワードなどが書かれいてる。

手続きがほぼ完了しているからだろうか、本人確認が済んでいない状態でも、無料のWi-Fiスポットは利用できるようになっていた。これが使えるだけでも、かなり便利で、利用する時間帯で大きな違いがありそうだが、思ったよりも快適に使えた。

まだ、一部なのだろうか、列車内でも無料 Wi-Fiが使えており、セブンイレブン、スタバ、富士急ハイランドなどでも使えて、サービルエリアが広がっている。これが広がれば広がるほど、無料で使える機会が増えることにもなるため、主に外出時にスマホを使うとなると、コースの違いが、あまり意味がないようにもなりそうな。


   


nice!(197) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 197