So-net無料ブログ作成

PS4 綺麗な映像で殺し屋感が凄い ヒットマン 1.映像の綺麗さが凄く、ターゲットに密かに近づき、何が使えるかを考える面白さがあり [PS4 綺麗な映像で殺し屋感が凄い ヒットマン]

今月10日に発売されたPS4『ヒットマン ザ・コンプリート ファーストシーズン』なのだが。PS4で、映像がかなり綺麗になり、より実写に近く、まるで映画のようなクオリティ。シリーズ最新作なのだが、プロの殺し屋な雰囲気も洗練され、変化する状況を考慮しながら、静かにターゲットを狙い、大人のゲームな良さがある。

hitman.jpg

ヒットマン シリーズは、2000年にPC版で発売された『Hitman: Codename 47』から始まり、シリーズを通して、ほぼ全てプレイしているのだが。前作のPS3『ヒットマン アブソリューション』から4年が経ち、久しぶりながら、やはり、独特な面白さがある。



どんなゲームかなのだが。内容としては、反社会勢力などと通じる ターゲットを暗殺するというもので、厳重な警備をかいくぐり、奥深くまで潜入して、暗殺するというもの。ターゲットを殺害した後、無事に脱出しなければ、クリアとならないため、基本的には、誰にも知られず殺害し、静かに姿を消すのがベストで、この方が経験値も高い。

暗殺の方法が豊富にあり、スナイパーライフルで狙撃もあれば、食べ物や飲み物に毒を仕込んでの毒殺、何かを落下させての事故死など様々で、特に暗殺方法が決まって無ければ、自由に選べる。さらに、レベルアップすれば、使えるものが増え、さらに、やれる幅も広がる。

このゲームの面白さは、やろうとした事が上手くハマったときの痛快さで。感じとしては、ドミノを並べ、一つ押した瞬間に、全てが上手く動くような、そんな感覚に近いかもしれない。

変装しながら、徐々にターゲットとの距離を詰めて行くのだが、その間、行動を観察したり、周りの会話から、ターゲットの動きを読み、そこで、何を仕掛けるかになる。最初から持ち込んでいるものは、武器など限られ、後は、潜入しながら、使えるものを手に入れる。

変装して、建物内の様子を見つつ、あちらこちらに置いてあるアイテムを拾い、それを利用するのだが。拾った時には、何に使うか分からないようなものも、途中であれに使えると気づいたり、それも良く。

ターゲットも、じっとしておらず、目的を持って行動しているのだが。さらに、取り巻きや関係する人々も様々な思惑で動きがあり、状況が変化する。そこで、一瞬のすきを突いてなところに、スリルもある。大勢が気づいて、騒ぎが大きくなったところで、涼しい顔でその場を後にするのが、クールでプロっぽい。

個人的には、ステルス性重視なゲームなため、状況を把握しながら、暗殺の手がかりを探し、落ち着いて楽しめるのが、ヒットマンの醍醐味だと思うのだが。よくある 派手に敵を倒すようなゲームとも違い、じっくり迫るというものなため、どういうゲームかが理解されていないと変なゲームと評価が悪くなりそうな。

殺し屋の雰囲気が楽しめるゲームとしては、これを置いて他になく、シリーズも長く続いてることからも、好きな人には堪らないゲームじゃないだろうか。

このゲーム、そのままだと、日本語字幕と英語音声になっており、音声を日本語にするには、PlayStation Storeで無料ダウンロードし、ゲームのタイトル画面で、オプションを選び、言語で日本語を選択する必要がある。ちょっと手間がかかるのだが、無料ダウンロードで、オプションで選ぶだけなため、そう大したこともない。


  


nice!(194) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 194