So-net無料ブログ作成

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1144.話の展開が面白く、最後の挨拶に年の瀬も感じられる [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、チームHの『シアターの女神』公演。最後の挨拶のところでは、メンバーとファンのやり取りに距離の近さも感じられ、短めに言葉を変え 『皆様どうか、良いお年を!』の大きなファンの声に年の瀬が強く感じられる。

前半MCでは、メンバー同士のユニットな話で盛り上がっており。駒田京伽(ひろか)の『ホントに個人的なんですけど、国民的有名な いもむChu!が...』に、田中菜津美や神志那結衣などの『え?』、『ん』、『お』と小さな声があり、『4年目を迎えました』と話が続き、客席からの大きな歓声と拍手がある。

いもむChu!メンバーは、変わらず仲良く、本家より活動してるんじゃないかなという話になり。田中菜津美からの『今年、年末、紅白?』という振りに、駒田京伽の『はい、出ます』があり、『出るよね』となるのだが、ここからの流れが面白く。

深川舞子からの『とよこむで、結構、活動させていただいて...』もあり、深川舞子と豊永阿紀の二人なのだが、紅白の話もあり。さらに、秋吉優花の『みかん姉妹は、結成して、何年目になったんだろう』に、みかん姉妹 田中菜津美の『ペア、ペア、ペアだからって、無理やりすんなって』もあるのだが。山田麻莉奈からも、神志那結衣との『ゆいまりり』があり、紅白話も絡むところで話も弾み、広がりがある。

後半MCでは、宇井真白と武田智加の話が興味深く。前日のクリスマスに公演があり、宇井真白のクリスマスを奪えずという 武田智加の話から始まり、宇井真白にガチ恋いと言いつつ、楽屋では、あまり話さないとなり。ここで、宇井真白の『違うの、しゃべんないんだけどね、なんか』に、田島芽瑠の『何、その分かり合ってるみたいな。やだ、もう~』もあり、女性ならではの会話に面白さもあり。

スタンバイ中、上手と下手で二人が離れている時に、カーテンで仕切られているところから、小さくピースと武田智加から合図があり。宇井真白の『遠めからのアイコンタクトが多い』に、武田智加の『怖い人みたい、怖くないですよ。見つけると手を振る』もあるのだが。

ここで、武田智加を見上げながら 田中美久の『切っ掛けは?』と聞いているのも可愛らしく。宇井真白とポジションが近く、助けてもらい、キュンとしてという武田智加の話に、周りのメンバーが静かに聞いていた。

すると、ここから、豊永阿紀の『今の流れで言うのもなんなんですけど....』があり、深川舞子と宇井真白の3人で抹茶を食べ行く約束をしつつ、1年が経ってしまい、『うかうかしてる間に、もかに取られそうになるので...』に、宇井真白が『急なモテキが来て、戸惑ってるよね、こんな事ないから』もある。

さらに、話を振られた 山内祐奈から 『さっきから、芽瑠ちゃんがぴーちゃんに、こんな事してる』と手をひらひらしており、舞台袖にいる 駒田京伽といちゃいちゃしているという 田島芽瑠の『このね、距離感でも可愛い』に、周りのメンバーから『やばい』とも言われていたのだが。

ここで、上野遥の『これが、先輩だからね』もあり。メンバーとしても、2期生 田島芽瑠が先輩になるのだが、さらに、ガチ恋いでも先輩にも感じられ、上野遥の声のトーンも低めなところに、いろんな意味も込められてそうで。

武田智加の『芽瑠ちゃんは、見習わないように...』に、田島芽瑠の『ここまで来るには、時間が掛かるよ』もあり。この時間が掛かるという話も、ユニット曲 『おしべとめしべと夜の蝶々』からの話もあるため、言葉に重みがある。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(177) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 177

 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。