So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1281.リラックス法も様々あり、変わった話に笑いも多く [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、チームT2の『手をつなぎながら』公演。大きな声援やリアクションに活気も感じられ、MCも様々な話で盛り上がり、ファンの笑いに温かさがある。

自己紹介とお題のところでは、『リラックス法』がテーマ。メンバーそれぞれで違いがあり、見えることで癒されるもあれば、食欲や感触で癒されるもあるなど、求めるものも様々なところにユニークさもある。

ホラー映画を観ることという 松本日向に、村川緋杏の『リラックスせんやろ』、山内祐奈の『心臓バクバクしちゃうよ』もあるのだが。松本日向の『結構、日向、心臓バクバクしなくて、だから、それが、結構、リラックスやなと気づいて』となり。

以前、何かのテレビ番組だろうか、ホラー映画でリラックスするという話があり。ホラー映画を怖く感じる人は、ストレスになるのだが、怖く感じず、興味を持って観れば、リラックスするとなり。これは、ホラー映画の世界だから、実際には、絶対に起こらないという意識があるかないかで違いがあるのかもしれない。

松岡はなの『雨の日に、窓を開けて網戸を閉めて、ケータイをいじること....』では、好きな雨音を聞きながらという話に、明るく活発なイメージとのギャップも感じられる。坂本愛玲菜の『星を眺めることで、結構、ロマンチストなんですけど...』もあり、ベランダで1時間ほど見ていたら臭くなり、カメムシがという話も面白く。雨音と星を眺めるというのは、女性らしくもあり、『海を眺めること』という 山下エミリーの話にも近いものがありそうで。

食べ物や飲み物の話では、月足天音の『ラーメンを食べること』、運上弘菜の『カフェに行くこと』があり。食べたり飲んだりというのも、食欲に加え、リラックスすることにもなると思えば、より幅が広がり、楽しめるものなのかもしれない。

一番、多いのが、ホラー映画とも通じそうなのだが、好きなメンバーを眺めたり、好きなアイドルやお笑い芸人の動画を見るなどで、これは、劇場公演を観ている ファンにも同じことが言えそうなのだが。愛犬という 山内祐奈の話には、触れ合うこともあり、これは、外園葉月の『T2の楽屋』という話ともつながりそうな。

様々な話がある中で、今村麻莉愛のスライムとスクイーズを触ることも面白く。今村麻莉愛の『何も考えずに、ただただ、スライムとかスクイーズをずっと触っているんですよ。それで、最近、めちゃめちゃ夜更かししちゃうので、早く寝れるように部屋を暗くしながら、スライム触ってたら、ママに見つかって。なんか、悩んでるのって言われたので...』に客席からの大きな笑いがあり。

女の子な感じもあり、暗い中で、スライムを触っている姿を想像すると怪しさもあり、面白いのだが。見た目ではなく、手で触り、感触に専念して、リラックスするというのは、他のメンバーの話とも違う。スライムやスクイーズは、様々な商品があり、人気があるのも、この話から分かるような気がする。

お馴染みな リラックス法もあり。荒巻美咲の『深呼吸をすることなんですけど、結構、効くんですよ、深呼吸するのは...』という話では、実践しているのも感じられ、そこに説得力もあり。定番のような話でも、実際に、やっているかとなると人それぞれなため、メンバーが言うなら、やろうかと思う ファンも多いんじゃないだろうか。堺萌香の『何も考えずに寝ること』も、寝るのが一番という話もあるだけに、欠かせない事でもあり、今どきな話や変わった話もある中、定番な話もあるというのも良さそうで。

大人になると、長く続けている趣味があれば別なのだが、特に趣味がない場合、単純にしたいことという感覚を見失いがちで、どのようにリラックスしたらいいか分からなくもなるのだが。様々なリラックス法が紹介され、メンバーの個性もあり、好きなことを自由にというのも伝わってくる。



HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(58) 

nice! 58