So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1301.声援が物凄く、繰り返されるところに面白さもあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、様々なメンバーが出演する 『ただいま 恋愛中』公演。ファンの大きな声援が響き、勢いが伝わってくるような 凄さがあり、ユニット曲も組み合わせが新鮮で、にぎやかさが感じられる。

ユニット曲 『7時12分の初恋』には、坂口理子が登場すると、客席から 『オォ!』と声も上がり、頬に手を当てながら恥ずかしそうな姿もあるのだが。その後のMCでは、この曲に、出演する メンバーそれぞれに話があるところも、面白く。

2列目にいるはずの1期生 田中菜津美が、1列目におり、2列目にいた3期生 外園葉月が一人残され、外園葉月が間違えたように見られるとなり。立ち位置を間違えていることに気づいた ドラフト3期生 馬場彩華から 『みかんさん、後ろです』と曲中に言われたもあり、後輩がしっかりしているというのも、逆転した感じでユニークさがある。

田中菜津美の『RESET公演でも、さやまるちゃんに注意されて...』に笑いもあり。ここまでの話では、田中菜津美だけが間違えていたような印象になるのだが。『軽蔑していた愛情』では、2期生 坂口理子がサビで1.5番にいたところ、3期生 栗原紗英から 『1番です』と言われたとなり、田中菜津美の話とも重なり、繰り返されるところに笑いもある。

さらに、ユニット曲後のMCでは、外園葉月の『7時12分の初恋で、なぜか、2ポジ目も覚えさせられるっていうね。絶対、いらんやん』に、馬場彩華から『でも、葉月さん、めっちゃ間違えた』と言われ、『いわんで、本番は、間違ってない』となり。

リハーサルでは、劇場により振付が変わり、スカラエスパシオでは向かい合うところで、西鉄ホールでは正面を向いているとなり。馬場彩華は、劇場に合わせ、正面を向ていると、外園葉月は、向かい合おうと振り向き、馬場彩華の『彩華が間違ってるような目で、こっちを見てくる』に笑いもある。

松本日向から 『馬場ちゃんに、めちゃめちゃいじられてましたね。間違えるの、楽しみにしてますねって』に、外園葉月の『ずっとにやにやして、こっちがみようの、分かっとんよ、本番』となり。ここでも、後輩の方がという話になりそうなのだが、先輩に対して、気兼ねなく言える感じに仲の良さも伝わってくる。

後半MCでは、外園葉月の話があり。今田美奈の『私、だって、ちょっと可愛いよって、コールが、最近、聞き慣れてきたもん』があり、外園葉月の『なんかね、傷つかなくなっちゃったというね』があり。チームK4の公演でも、外園葉月が出演した際、『ちょろちょろ、ちょっと可愛いよって言いたい人がいるんですよ』となるのも面白く。

栗原紗英から 『じゃあさ、逆に、何も言わないとか、どうですか?』があり、山内祐奈と二人で 『外園葉月です。しーん』と手の動きも合わせ、客席からの大きな笑いと拍手がある。これを実際にやらされ、『はい、外園葉月です!』の後、無音の状態になり、『やめて。絶対やだ....最高潮に人気がないやつやん』となるのだが。

ここで、ドラフト3期生 松田祐実の『いじられてる理由というか、そういうのを見かけたことがあって。2週間、3週間前に、公演が一緒だったんですけど、.....虫が飛んでたんですよね、そしたら、葉月さんが、お弁当のフタでバーンとやって。覚えてますかね、紗英さんは見てた気がする』となり。外園葉月は、生きて返そうとやったところ、その虫が衝撃で、『こんなになって』とも話していた。

今田美奈から『私のイメージは、葉月ちゃん、鼻血のイメージしかないんで』もあり、当時、どの公演でもよく語られていただけに説得力がある。さらに、外園葉月 本人から 『足の臭い話は、自分で言っちゃったんよ、足臭いんよって。それが、もう、バカやったんよね』もあり。

いじられそうな話が次々あるのだが、イケメンキャラから、いつの間にか、いじられキャラに変わっていたところも興味深く。扱いが雑という話を度々していることからも、キャラクターが変わることで取り巻く環境も変化しているのかもしれない。



HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(144) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 144