So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1336.指原莉乃と石安伊の生誕祭 様々な思いが感じられ、メンバーへの言葉もあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演を生中継でも観ていたのだが、昼にチームT2の『手をつなぎながら』公演、夜にチームHの『RESET』公演。どちらも生誕祭で、卒業を控えた指原莉乃は、最後の生誕祭になり、石安伊は、初の生誕祭になるのだが、ファンの大きな声援に温かさもあり、MCも笑いが多く、盛り上がっていた。

昼公演は、石安伊の生誕祭があり。自己紹介MCでは、『石ちゃんって、どんな子?』がお題なのだが、どのメンバーも、どこか人となりが掴めない感じにユニークさもあり、一方で、大いにいじられてもおり、個性的なキャラが伝わってくる。

ユニット曲後のMCでは、石安伊から、荒巻美咲、外園葉月、今村麻莉愛の先輩3人に質問となるのだが。ここでは、気になることを詳しく聞きたい、何かして欲しいなど、質問の方向に意外さもあり。荒巻美咲へは、石安伊から 『あれ、やって欲しいんですけど。やる気、元気.....やって、欲しいんですけど』となり、先日の劇場公演で、この振りがありつつ、拒んでいたのだが、荒巻美咲の『今日、生誕祭だからさ...』に客席からの『オォ!』と声も上がり、『こんな、オォ!ってなるんだ。面白くなくない? でも......やる気、元気、荒巻!』に歓声と拍手もある。

今回の2分半映像では、紙に書かれた質問をめくりながら、石安伊が、その質問に答えており。18歳の生誕祭なのだが、15歳という設定があり、それについて、度々質問があるのだが、揺るぎなく、15歳なところで、客席から大きな笑いも起きていた。

生誕祭の手紙は、同期のドラフト3期生 伊藤優絵瑠、馬場彩華、渡部愛加里の3人からなのだが。それぞれの言葉に、一緒にやってきたという 思いも感じられ、一言あるのも面白く。馬場彩華の『最初は、安伊ちゃんと呼んでたのが、今、考えると、ぞっとします。前、ちょっとスルーされたので、今、言います。タピオカのお金、返してください、450円、彩華より』には、石安伊も思わず笑い出し、客席からの大きな笑いと拍手がある。

最後にファンへの言葉があり、第3回 ドラフト会議で、ファンの投票で選ばれたことに触れつつ、感謝の思いを伝えていたのだが。他のドラフト3期生と比べ、遅れていることに言葉が詰まり、泣きそうになるのだが。ニックネームの『あいみゅん』の『みゅん』が泣き声という話から、坂本愛玲菜の『みゅん、みゅん』、外園葉月の『みゅんって言いなさい』、地頭江音々の『みゅんって泣いて』と促され、笑いながら 石安伊の 『みゅん』に明るい笑いもある。

選んでくれたファンへの思いを打ち明け、ファンの応援が大きな支えになり、前向きになれるという言葉があるのだが。ここまでのMCでも、暗く考えてしまうことを口にしていただけに、ファンの存在の大きさがより感じられる。『みなさん、ご存じの通り、SHOWROOMでは、めちゃくちゃしゃべるくせに、MCでは、しゃべれなくなるし..ネット弁だし、コミュ障だし.....』に客席からの温かい笑いもある。

夜公演に行われた 指原莉乃の生誕祭では、どのMCでも話が弾み、笑いが絶えず、大いに盛り上がっていたのだが。質問コーナーでは、『HKTに来て、一番、笑ったメンバーのエピソード』と聞かれ、指原莉乃の『これは、断トツで、重のスカート。今、思い出しても、涙が溢れ出しちゃいそうなくらい...』に、微妙な表情の村重杏奈から 『酷いよ、今、考えても、やっぱ酷いよ。忘れかけてて、もう、だって、村重、辛すぎて、記憶から消してるのに』に大きな笑いもある。

『777んてったってHKT48 ~7周年は天神で大フィーバー~ 2次会パーティー』での出来事で、DJ KOOに扮して大活躍した 村重杏奈だったのだが、2次会パーティーの連絡が全く来ておらず、連絡が来てないと話したところ、絶対来ていると周りのメンバーから言われ、その場で確認したところ、出演メンバーのLINEグループに村重杏奈が忘れられ、入っておらず。これに、大笑いしていた 指原莉乃の姿も思い出す。

手紙は、松岡はなからなのだが、代読する 松岡菜摘が手紙を開き 『あら、可愛い』と言った途端、指原莉乃の『はなちゃん!』があり。手紙には、指原莉乃に出会い、人生が大きく変わったことについて綴られており、優しい人柄についても触れながら、なかなか期待に応えられないことへの悔しさが伝わってくる。

手紙の中に、『こんなにいい人は、いるのですか?』とあり、代読していた 松岡菜摘も一瞬止まり、『誰に聞いてるんだろう』と笑顔になり、指原莉乃も笑い、ファンの笑いもある。手紙を読み終え、観に来ていた 松岡はなに向かって、指原莉乃の『誰に聞いたの、それ?みんなに聞いたのに、無視されたね。ありがとう、はな、嬉しい。はなっぽい手紙だった、頑張ってね。なんか、はなには、プレッシャーをかけてしまうことも多くて、こないだのフレッシュコンサートも良かったんだけど、全体LINEで、はなの悪いところをいっぱい書いて送っちゃったんですけどね、それでも、好きだよを歌ってくれて、うれしかった。たぶん、これからもしんどいこともいっぱいあると思うし、みんなも期待に応えなきゃいけないことも多いと思うけど、よろしく』と涙ながらに話していた。

最後に、忘れられない生誕祭ができことに振れ、ファンへ感謝の思いを伝えていたのだが、ここで、メンバーに対しての言葉もあり。指原莉乃から『このタイミングなので、みんなに。すごく難しいんだけど、これは、芸能界にいる上でじゃなく、素敵な女性になって欲しいと思っていて。最近も、全体LINEに送ったけど、芸能界で上手く生き残ることが、絶対いいことなんだけど、一番、みんなが望んでることだと思うんだけど、それ以上に、優しくて、素敵な人になって欲しいって思ってる。なんだろうな、難しいんだけど、やっぱり、グループでいる以上、今までは、私がさ、違うことは違うと言ってきたけど、もう、そう言える人もいなくなる訳だから、みんなが、これは、ファンが望むことじゃないと思ったら、声を上げるべきだし、ファンを一番に考えなきゃいけないと思う』に、メンバーが真剣な表情で聞いていたのだが。

ここで、指原莉乃から『フレッシュコンサートも、あの、Fから始まる、よく分からんやつは、やらなくて良かったと思う.....セットリストも変と思ったら、言っていいと思う』に客席からの笑いもあり、メンバーの笑顔もある。

『マネージャーが分からないことも、いっぱいあるし、ステージに立ってる側の人間しか分からないこともいっぱいあるから、みんなが教えなきゃいけないし、マネージャーにも、いろんなことを教わらなきゃいけないから。私がいなくなったら、本当に、いろんなことが変わっちゃうと思うけど、強くて、優しい女性でいて欲しいなって思います。メンバーのことを、ファンのことも、守れる人でいてください、お願いします!』と締めくくっていた。

挨拶のところでは、指原莉乃から 『はるたん、なんか、900回くらい出てるんでしょ、おめでとう!』があり、客席からの大きな声で『おめでとう!』もあるのだが。昨年末に、900回を達成した 下野由貴に続き、この出演回数が凄く。

挨拶を終えたところで、指原莉乃から『言いたかったことを思い出した。わかった、これからのHKTのテーマ、長いものに巻かれるな!長いものに巻かれるな!』となり、メンバーも声を上げ、ファンも続き、みんなで、『長いものに巻かれるな!』と何度も叫んでいた。

最後に、進むべき方向を示しながら、言うべきことは言うという姿に、強いリーダーという印象で格好が良かったのだが。松岡はながステージに現れると、指原莉乃が駆け寄りながら抱き付き、脚を絡ませて、しがみつく姿が面白く。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(193) 

nice! 193