So-net無料ブログ作成

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1339.前に出るか後ろに下がるか、広がるクセの話も面白く [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、チームK4の『制服の芽』公演。ファンの大きな声援や笑いに活気があり、MCも意外な話で広がりもあるなど、にぎやかさがある。

自己紹介MCでは、地頭江音々から人間観察の話があり。3曲目の『アンテナ』では、振りの中に、じゃんけんしてから、あっち向いてホイがあり、地頭江音々の『碧唯さんは、ほぼの確立で、チョキを出してくるんですよ』に、本村碧唯も笑い出し、客席からの笑いもある。

話が続き、『私は、それを気づいて、チョキ出してくると思って、気づいたんですけど、私、冷静になれなくて、いつもパーを出しちゃうんですよ』に、本村碧唯の『いつも勝つ』もあり。冷静な時には、グーで勝てるものの、あっち向いてホイが弱く、なかなか勝てないと話していた。

この話が、前半MCにもあり。馬場彩華の『彩華も、下野さんのじゃんけんの出すのが分かってて、いつも、チョキ出して、いつも、こっち向くんですよ』となり。本村碧唯に続き、下野由貴も、決まってチョキを出すとなり、さらに、あっち向いてホイでも、向く方向が、いつも同じなため、勝つクセがついてるとなるのだが。

ここで、田中菜津美から 『なんか私さ、美奈ちゃんとペアなんだけどさ。どうしても、勝つのが怖くて、自ら負けてる...勝ったら、殺されると思った』に客席からの大きな笑いもあり。相手が何を出すかを知りつつ、気を遣って負けるという話に、冨吉明日香の『逆に器用ですね、負けに行くのも』もある。

今回、新しいポジションで出演した 松本日向からも、この話になるのだが、違った話になるところに、ユニークさがあり。松本日向の『あそこって、あっち向いてホイするんですよね。.....ですよね、日向、じゃんけん、岩花詩乃さんとだったんですけど、日向、じゃんけん勝ったんですよ。あっち向いてホイするじゃないですか、大丈夫って言われて』に、客席もざわざわし始め、冨吉明日香の『エッ』があり。『だから、大丈夫とかあんのかなと思って、自分でしちゃって』と話す 松本日向に、周りのメンバーも笑い出していた。

冨吉明日香の『セルフでしちゃったの』に、松本日向の『とっさに、びっくりして』と話していたのだが。冨吉明日香の『あっち向いてホイ、拒否られてんじゃん、そんなことある?』と笑い出し、村重杏奈の『詩乃ちゃんも、詩乃ちゃんや、あっち向いてホイ、大丈夫ってなに?』、田中菜津美の『振付さえも..』と身をよじらせながら笑っていた。最後に、冨吉明日香から 『あっち向いてホイくらいしてあげろ』に大きな笑いもあり、田中菜津美のように負けてともなるのだが。

振付の中に、じゃんけんとあっち向いてホイがあり、新ポジで出演しつつ、『大丈夫』という思わぬ返しに慌てていたのも、この話から伝わってくるのだが。後半MCでは、今田美奈から 『詩乃ちゃん、あれは、なんだったんですか?』と聞かれ、岩花詩乃から説明があり。

松本日向のポジションには、堺萌香がいることが多く、岩花詩乃の『いつも、じゃんけんしかしてないんですよね。で、じゃんけんだけしたら、あっち向いてホイをしようとしてたから、いつも、してないから、大丈夫って』に客席からの大きな笑いがあり。この話から、いつもしてないから、今回もというのが分かる。

ここで、MCでのクセの話にもなり。渕上舞が話終えた後、植木南央から 『南央、ちょっと、長年、舞ちゃんの隣で、後半MCをしてるんですけど。あの、舞ちゃんの習性というか、なんか、気づいちゃったんですけど。後半MCで出てくるじゃないですか、たぶん、あんまり言うことが決まってないだろうなってときは、みなぞうを、斜線を切るんですよ』となり、司会を務める今田美奈の目線から一歩下がるとなり、これに、渕上舞も大笑いしており、周りのメンバーやファンの笑いも大きく。

植木南央の『ちょっと後ろに下がって、みんな、どう?みたいな顔をするんですけど。ちょっと自信があるときは、一歩、前に出て、こう』に、下野由貴の『分かりやすぅ』もあり、今田美奈からも『私ね、分かってるよ、それ気づいてるから。舞ちゃんって、話したい内容があるときって、結構、目をキラキラさせて、私と目を合せてくるんですよ、出てくる前にね。話したいときって、基本、顔をちらちらと見て、私の顔色伺って、当てて欲しいなというオーラを出してるから、当てて欲しいんだろうなって思ったけど、今、ちょっと微妙な感じだったでしょ、自信なさげだったけど』となり。

植木南央からも 『今日は、最初、斜線切ってて、途中、でも、思い付いてて、こうやってた』に、渕上舞の『南央ちゃんが、ここで。舞ちゃん、MC、最初、思い付いてなかったやろって言われて、なんで分かったんですかって』と話しており。さらに、下野由貴の『一番、端だからさ......だから、舞ちゃんが自信があるなってときは、舞ちゃんの後頭部が、こう出てくる』、植木南央の『みなぞうが見えなくなる』に大きな笑いもある。

MCで、話に自信があるときに司会者に目立つように、自信がないときは、逆に目立たないようにという話なのだが。ステージ上に、1列で立っているようで、微妙な立ち位置の違いがあることになり。話に自信があるときは、さらに前にという 下野由貴の話から、前にどのくらい出るかで、自信の度合いも感じられ、MCの見どころが増えたような 面白さがある。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(285) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 285

 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。