So-net無料ブログ作成

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1377.笑いに雰囲気があり、発想のユニークさもある [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演を生中継でも観ていたのだが、研究生の『脳内パラダイス』公演。ファンの大きな声援に活気や温かさがあり、MCも様々な話でキャラが垣間見え、明るいにぎやかさがある。

二日連続の公演でもあり、間に他の公演がないからだろうか、前日の印象をそのままに、新たな話が加わるため、メンバーの名前と顔も覚えやすいように感じられる。

自己紹介MCでは、市村愛里の話に、村上和叶が自然に入ってくる感じも良さそうで。『もし、一つだけ魔法が使えたら、どんな魔法がいいか』というお題で、市村愛里の『自分の実現したい夢とかをすぐかなえれる魔法が欲しいんですけど....』があり。

『ちっちゃい夢だと、この汗を絶対かかないで、和叶みたいにね....』に、村上和叶の『かいてますけどね、かいてる....』があり。『デカイ夢が、私、逃走中という番組が好きで。逃走中に、ホントに、いつか出てみたいんですよ』に、『逃走中でたらさ、また、汗でさ、バーコードになる』と村上和叶から言われており。

確かに汗を多くかきそうな番組なのだが、『逃走中の方が上だから、全然、いいんだけど』となり、夢の優先順位があるのも、ユニークなのだが。さらに、ここで、逃走中のハンターに捕まるシーンをやりたいとなるのも、バラエティ班な雰囲気がある。

隣の水上凜巳花にハンター役をしてもらうことになり、市村愛里に手で押されつつ、ステージの端まで二人で行くのだが。水上凜巳花から『手汗がひどい、この人』と言われ、市村愛里の『言うな、言うな』に笑いも起こり。手汗は、緊張などでかくことが多いため、違った汗の話になるのも面白さがある。

前日に、小学校の卒業式だったという 工藤陽香の『私が、一番、使いたい魔法は、不老不死です』に、客席からの大きな笑いもあり。『あはは』もあれば、『おぉ』もあり、この笑い声が様々なところに独特な感じもあり。

坂本りのから『何、不老不死って』と聞かれ、工藤陽香の『絶対死ななくて、絶対ふけない』に、『まだ、若いのに』となるのだが。工藤陽香の『理由は、大人は、本当に、本格的な仕事で、すごい大変そうだし、ちょっと死ぬのは、嫌だからです!』に再び笑いがあり、ファンからの『俺も!』も面白く。

『本格的な仕事』という表現も、女の子な目線の良さあり、大変そうと思い見ているところに優しさも伝わってくるのだが。この時の客席からの温かい笑いに、大人な思いも感じられ、雰囲気がある。

田中伊桜莉のところでは、『私、キュウリが好きなんですよ。なので、キュウリの漬物が、長時間漬けなくても、すぐに漬けられて、美味しくなるような魔法が使いたいです』があり、笑いもあるのだが。

16歳でキュウリの漬物な話にギャップがあり、8月31日生まれで、『野菜の日』にもかかっている。実現できそうなところに他のメンバーとの違いがあり、明るく話す姿に、漬物を食べてみようかなという気にもなる。
.

HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(258) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 258