So-net無料ブログ作成

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1394.大きな声援も響き、明るいにぎやかさもあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、R24の『博多リフレッシュ』公演。9人で初めての劇場公演なのだが、ファンの大きな声援や笑いも多く、大いに盛り上がり、温かさも感じられる。

自己紹介とお題のところでは、『最近の出来事』がテーマなのだが。2期生によるR24なため、同期ならではの雰囲気が話す姿にも感じられ、にぎやかさがあり。広い楽屋も、みんなでかたまってという話も微笑ましく、仲の良さが表れているのかもしれない。

駒田京伽(ひろか)のところでは、田島芽瑠との話があり。リハーサルで立ち位置が一緒という 豊永阿紀と、ずっと話していたとなり、駒田京伽の『休憩の間に来て、隣に。なんか、ずっと阿紀ちゃんといるよねって、なんか、なんでみたいな、私は?みたいなこと言ってきて.....ただ、しゃべってただけだよみたいな、私も、どういう立場だってね...』となり、さらに、嫉妬させようとしてくるという話に強い思いも伝わってくるのだが。

駒田京伽の話に合わせ、隣の隣にいた 田島芽瑠は、顔の表情や動きで会話に入ってくるところが面白く。駒田京伽の『結婚するなら、理子ちゃんがいいって、私の目の前で...』には、隣の坂口理子にすり寄るのだが、坂口理子からの反応は無く。最後に、付き合おうかという話では、感動の涙を抑えるように目頭を押さえるなど、いろいろある。この姿から、元気なようにも見えるのだが、喉の調子が悪そうで、季節の変わり目だけに気になり。

上野遥のところでは、前日の生誕祭で読まれた手紙の話があり。『やっぱり、先輩へのお手紙って、すごく、緊張するんですよ。なので、私がお手紙書くって決まったときから、毎日、今まで下野さんと、どんな出来事があったかというのを箇条書きで、毎日、メモをしてたんですよね』と上野遥が話しており、書くための準備も感じられ、几帳面さも伝わってくる。

生誕祭で、手紙を読んでしまうと泣いてしまうため、代読をお願いしたとなり。上野遥の『本村さんか植木、どっちがいい?って言われたんですね....植木さん、スタッフさんが、そう言ってたので』に客席からの笑いがあり。さん付けと呼び捨てで、差が付いているようにも感じられ、この違いも面白く。

『どちらでも、良かったんですけど。じゃ、植木さんでってことで、南央さんに、代読してもらったんですけど。今、ちょっと気づいたことがあって、お手紙の中に、下野さんは、大学と活動の両立が....それを南央さんに読ませてしまった私が、本当に申し訳なくて』に客席からの大きな笑いと拍手が起こり。『公演終わりのツイートに、南央さんが、はるたんからのお手紙良かったな、泣いたって書いたんですけど、違う方の泣いたじゃなかったらいいなと思います』となり、盛り上がっていた。

ユニット曲後に、ソロ曲の企画があり、今回は、秋吉優花が引き当て、『虫のバラード』。ロック調な曲で低い声で歌いあげており、ここまでの曲とも雰囲気が違い、新鮮さもあるのだが。その後のMCでは、秋吉優花から 『7年の重みを込めて歌いました』があり、渕上舞の『ほねほねワルツを歌った子がねぇ、虫のバラードをやるようになるなんて』に大きな笑いも起きていた。

後半MCでは、セーラー服な衣装でメンバーが登場し、坂口理子の『ぴーちゃんが、珍しく、髪をすごい巻いてて。くるんとしてるんですよ、毛先が。ちょっと、この制服着たら、昭和感がすごくて...タッチみたいな』となり、駒田京伽の『甲子園に連れてって!』に大きな笑いがあり。黒いセーラー服だけに、肌の白さも目立って見える。

劇場公演の一部を生中継でも観ていたのだが。この時、坂口理子が急に歌い始め、駒田京伽が踊り出すところも盛り上がっており、そこがカットされていた。短いものだったのだが、曲の一部なため、ダメだったということだろうか。

この後に、プロフィール画像撮影の話があり、初期の頃の話にもなるのだが。朝長美桜の『最初の頃、結構、やばかったよ、テニス少年みたいな』に、坂口理子の『ちょっと焼けてた...私の焼けには、負けるかな』があり、駒田京伽の『りこちゃん、もう、こげとった、こげとったよ』も面白く。

『昔に比べて、ましになった方なんですけど。あすきゃんのね、卒業VTRのときに...』と上野遥が話し始めると、この時点で、客席からの笑いが起こり。『だいたい、有名なすっぴん写真が出てくるじゃないですか。全然、いいんですけど、ちゃっかり後ろに、私が映ってるの、やめてもらっていいですか?いっつも、私が、地味に被害うけてて、毎回、一部のファンの人がざわざわ騒ぎ始めるんですよ』に大きな笑いもある。

プロフィール画像では、何枚も写真を撮り、本人が選んだものを残してという話をしていたのだが。岩花詩乃が3~4枚ぐらい、駒田京伽が20枚ぐらいとなり、他のメンバーは、100枚撮ったとなり、この差が凄く。

こだわりがあまりないという 駒田京伽から 『表情が動かないから、100枚撮っても、全部、一緒の顔なんですよ。ちょっと角度が違うとかだから、マネージャーさんに、どれがいいですか?って聞いて、これって、じゃ、それでって』があり。メンバーにより、違いあるのも興味深い。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(189) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 189