So-net無料ブログ作成

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1402.明るいにぎやかさがあり、意外な話も面白く [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、研究生の『脳内パラダイス』公演。ファンの大きな声援や笑いもあり、MCも様々な話がありつつ、いろいろやり出すところに自由なにぎやかさもある。

自己紹介とお題のところでは、『最近のマイブーム』がテーマ。メンバーそれぞれからマイブームが語られ、今どきな女の子な話もあれば、独特なクセのような個性的なものもあり、興味深く。

村上和叶のところでは、読書の話があり。『私の最近のマイブームは、読書なんですよ。生誕祭のときにね、ママからお手紙に書いてあったんですけど、おばあちゃんから、たくさん図書カードを貰いまして、それを使って、たくさん本を買ったんですよ。で、最近、それを読むのがね、楽しみなんです。よく読むのが、医療ミステリーと言うんですかね、みたいなやつがあって、それがすごい楽しいんですよ。そう、でね』と村上和叶が話したところ、市村愛里の『おばあちゃんみたいな、話してない』があり。

これが、優しく語りかける話し方を指しているようにも感じられ、16歳なのだが、落ち着いた雰囲気があり。本の話が続き、『私、読み始めたら止まらなくて、最後まで、読みたい派なんですよ。こないだは、それで、オールしてしまいまして、気が付いたら、朝だったんですよ』とも話していた。

先日、行われた生誕祭では、手紙の後、本を読みますと話していたのだが、その場の流れで言っただけではなく、実践しており。スマホの時代だけに、本を読む人が少なそうなところ、本を読み始めたら最後までに読書好きな印象にもなり、知的な感じも伝わってくる。

水上凜巳花のところでは、アタリメの話があり。『私のマイブームは、アタリメを食べることなんですけど。ハマった切っ掛けは、愛加里さんという、ドラフト3期生さんの先輩がいるんですけど。その方と同室になって、アタリメを一緒に買って食べたんですけど、そこからが始まりで、めっちゃおいしくて、しかも、カロリーがホントに少なくて、オススメよ、みんなダイエットするとき』と話す 水上凜巳花に、『アタリメって何?』と村上和叶が聞いており。

アタリメは、おつまみの定番で、イカを乾燥させた スルメのことなのだが。ドラフト3期生 渡部愛加里が14歳、水上凜巳花が15歳で、二人でアタリメを買って食べるというのも、女の子な二人なため、大きなギャップがあり。カロリーも低く、美味しいとなり、イカを乾燥させたものだけに栄養もあるため、健康的で良さそうな話でもある。

ユニット曲後のMCでは、市村愛里、工藤陽香、田中伊桜莉、長野雅の4人が登場し、市村愛里の『やつが来ちゃってます』に笑いもあり、工藤陽香を紹介していたのだが。曲 『くるくるぱー』では、お馴染みなメンバーの中に、一人ゲストのようなメンバーが入るというのも、ユニークさがある。

話を振られ、田中伊桜莉について、工藤陽香が話したところで、市村愛里の『赤いランプがついたから、いいや。怖い、怖い、なんか、怖い』となり、長野雅も『姉さんがね。姉さんが守ってくれた』となるのだが。何かが起こりそうな雰囲気を感じ、急に収めるところに勘の鋭さもあり。

この後、工藤陽香から市村愛里とのLINEの話にもなり。村上和叶の生誕祭で、箱の中身を当てる企画の際、中のものを言ってしまいそうな 工藤陽香に、『はるちゃん、静かにしてて』と市村愛里が言ったところ、そこから、何も話さず、工藤陽香が台本通りに進めていたとなり。

『そのときは、ごめんね』と話す 市村愛里に、工藤陽香から 『LINEでも言ってきたんですよ....はるちゃん、今日は、黙れって言って、ごめんね』もあり。前日の劇場公演で、いじりながら慰めるという 村重杏奈も思い出し、言った後にフォローにまわるところに、大人さも伝わってくる。

次の曲振りで、長野雅がメンバーの匂いを嗅ぎつつ、クリスマスにつなげるところも面白いのだが。最年少の工藤陽香の匂いをかぎつつ、長野雅の『こりゃ、クリスマスの匂いだ!』に客席からの笑いもある。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(182) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 182