So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1148.初々しさも新鮮で、怪しげな話に面白さもあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観たのだが、チームK4の『最終ベルが鳴る』公演。今年最初の劇場公演でもあり、ドラフト候補の自己紹介が初々しく、『12秒』を歌う際には、大きな掛け声も客席からあるなど温かさが感じられる。

自己紹介とお題のところでは、『2018年の抱負』がテーマ。村重杏奈の『体調を崩さないように気を付ける』という話では、この日、すでに熱があり、体の節々が痛く、、頭も痛く、インフルエンザらしい症状があり、メンバーにうつすと大変とマネージャーと病院へ行ったとなるのだが。

病院では、インフルエンザではなく、風邪と診断されたという話なのだが、体調の悪さを全く感じさせない 力強いしゃべりが凄く。ユニット曲後のMCでは、誰かが村重杏奈と言った途端に乱入するのもお馴染みで期待させるのだが、NGワードのように伏せて話すメンバーも面白く。

インフルエンザじゃないかと騒いだ理由も話しており、『弟が朝、インフルエンザになってしまって。私、お正月休みに実家に帰ってて、で、弟のおしゃぶり、ずっとしゃぶってたんですよ』に客席からの大きな笑いがあり、爆笑する メンバーもいれば、引いた表情のメンバーもあり、様々。

弟のおしゃぶりをしゃぶるというのも強烈なのだが、その後のMCでは、節々が痛いと言いつつ、うつしてと植木南央と冨吉明日香がチューしてくるという 怪しげな雰囲気もあり。インフルエンザと感じさせる症状がありつつの元気の良さに大きなギャップもあり、意外な話の面白さもある。

後半MCでは、森保まどかのラジオ番組 『HKT48 渡辺通り1丁目FMまどか まどかのまどから』で、最優秀ゲスト賞に選ばれたという 松本日向の話もあるのだが。松本日向の『こういうファンの人の寂しがり屋?』と話を続けたところ、森保まどかの『なになに?』、冨吉明日香の『何を言ってるの』があり。Fまどからの話だけに、森保まどかの『私がすべったみたい.....』も、巻き込まれた感じで笑いがある。

松本日向の話を理解しようと頑張る 森保まどかがいる中、静かに温かく見守る メンバーもおり、どうにかせねばという メンバーなど違いがあるのだが。ファンについての話をしているところで、失言が出そうな危なさもありそうで、どうなるかという空気があり。

ここで、司会を務める 冨吉明日香の『君も小田と一緒だな?』に、大きな笑いと拍手が起こり、盛り上がっていた。冨吉明日香の『日向ちゃんが、K4じゃなくて、ホントに良かったです』に、持ち前のキャラもあり、再び笑いが起きていた。

これが、何を話し出すか分からないところに面白さがあり、急な話に周りのメンバーが慌てる展開で、そこからの笑いに新鮮さがある。ここで、個性的なキャラの小田彩加が出ることで、同類のようなくくりにもなるのだが、次々と出てきそうな広がりも感じられる。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(224) 
共通テーマ:日記・雑感