So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1177.様々な話に卒業シーズンも感じられ、掛け合いもにぎやかさがあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、チームT2の『手をつなぎながら』公演。ファンの大きな声援もあり、MCの盛り上がりにメンバー同士の仲の良さも感じられ、にぎやかさがある。

自己紹介とお題のところでは、3月9日でサンキューにちなんで、『最近、感謝したこと』がテーマ。この時期ならではの学校の卒業話もあり、家族やファンへの感謝の思いもあるなど様々。その中で、小さな女の子で可愛らしい 今村麻莉愛から、4期生が昇格し、同じチームになった 堺萌香の話もあり。

一人だけ小さいとバランスが悪く、二人になって、ちょっとだけ違和感もなくなってとなるのだが。同じチームというところに一緒という印象も強くあり、年の差で違いもあるため、どちらも目立って見える。身長で言い合う事もあるだけに、良さそうな話でもあり。

山下エミリーから 『カフェオレです』という話もあり。この時、メンバーの『なんでなんで?』に、ファンの 『おぉ!』もあり、『いつも...』と話を続けようとするも言葉に詰まり。ここで、後ろにいた 栗原紗英の 『いつも、おいしくて、ありがとう』に笑いも起こり、棒読みな感じで代弁しつつ、二人で頭を下げるのも妙な雰囲気で面白い。

このお題で、長ったるい キャッチフレーズに付き合ってくれるファンに感謝という 堺萌香の話もあれば、このキャッチフレーズを短くしたいと相談され、いろいろアドバイスしつつ、サンキューされるはずだったのにという 宮﨑想乃の話もあり。二人が隣同士で並んでおり、その話からのという流れにユニークさもある。

ユニット曲後のMCでは、首からぶら下げている ビーズが取れてしまい、これで3回目。話をしながら、ステージ上にちらばったビーズをメンバーが拾い集めていたのだが、今回は、小田彩加のビーズ。

小田彩加が謝っていると、堺萌香の『一個一個に感情があるから、ぶつかっちゃったの』に、客席から『おぉ!』と声が上がり、『いい事、言った?』とその声に応えていた。絵本にもなりそうで、詩人な感じにもなり、トラブルからの意外な一面もある。

後半MCでは、山下エミリーの変わってるという 学校話も興味深く。外園葉月と同じ学校で、部活で優勝すると体育館のステージから端まで机を並べ、そこで、みんなとご飯を食べるとなり、『まさに、ハリーポッター』となるのだが。

『友達が少なかったから、そのお陰で、逆に、目の前の友達とかに初めて話し掛けたりして、やっと友達になったみたいな』と話す 山下エミリーに、司会を務める 武田智加の『すごい、自分からいったんですか』と聞くと様子が変わり。山下エミリーの『.....話し掛けられたかな』に、外園葉月のツッコミもあり、話が違ってくるのも面白い。

メンバーに感想を聞くところでは、松本日向のサンキューではなく、サックんちょの日に改名しますがあり、これは、松本日向のキャッチフレーズにかけているのだが。ここで、山下エミリーと栗原紗英の二人で、お笑いコンビ アンガールズの『ジャンガジャンガ....』を急にやり始め、これが懐かしく。

先輩二人にやらせつつ、もう一人の月足天音は、遠くで加われず、考えた 松本日向 本人はやらないという自由さも面白いのだが。その後、松本日向の『しけるかなと思って....』に、山下エミリーの『後で、カフェオレおごれよ』もあり、話で滑ったところで保険を掛けていたということだろうか。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(163) 
共通テーマ:日記・雑感