So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1237.食べ方の面白さもあり、公式で復活という話も凄く [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、チームT2の『手をつなぎながら』公演。ファンの大きな声援もあり、MC中、『おぉ!』と声も度々上がり、掛け声も大きいなど、勢いに活気が感じられる。

自己紹介とお題のところでは、『これなら私の日本代表』がテーマ。これなら一番という話もあれば、逆に苦手さで負けないなど様々なのだが、変わった話も多く。

ここで、お菓子の食べ方にも、いろいろあるのも面白く。今村麻莉愛の『PARMのチョコをむく早さが、ナンバー1なんですけど。PARMのアイスあるじゃないですか...』があり、チョコをはがしてから、バニラを単体で食べるに客席からの笑いもある。

村川緋杏の『新幹線でも、その食べ方で食べるから、みんなびっくりだよ』とも言われ、普通に食べているのも伝わってくるのだが。棒のアイスだけに、溶けやすそうでもあり、そこで、先にチョコレートをはがしてからというのも、ユニークさがある。

月足天音のトッポの話も、やり方が想像できないところに面白さもあるのだが。『トッポの周りのプリッツみたいなのを全部はいで、中のチョコの芯だけ出す選手権だったら、絶対、1位だなと思います』があり。細い棒状プレッツェルをはぎ、中のチョコレートを出すという話も凄く、アイスのようには溶けないものの、小さいだけに作業も細かそうで。

どちらの話も、お菓子でチョコレートがあり、分解するという共通点もあるのだが。そのまま食べるものを分けたくなるところに、こだわりや趣味のようなものも感じられ、合理的とは違い、食べ方にもそういう衝動というのがあるのかもしれない。

山内祐奈の『ドッジボールで逃げるのが早い選手権 1位なんですけど...』もあり。ドッジボールが大好きだけれども、ボールが取れないから負けてしまうため、ルールを変えて、逃げる早さで勝負が決まれば、1位になれるという話なのだが。逃げ切ったら勝ちというルールも、また違った面白さがありそうで興味深く。

この話の直後、1列目がはけるのだが。山内祐奈だけが、逆方向へ行きつつ、他のメンバーの足音から間違いに気づき、素早く方向を変え、足早に他のメンバーを追い、客席からの驚きの声もある。これに、村川緋杏の『すばしっこい....はけるの早い選手権、日本代表や、あれが』もあり、素早さを証明するような展開に、メンバーも笑い出していた。

後半MCでは、栗原紗英の『T2でBBQしたいな』に、村川緋杏の『これね、T2でBBQしたいって、3年経ってるからね』もあり。これに、宮﨑想乃の『でも、去年、BBQやった』、外園葉月の『1回、やったよ』となり、栗原紗英の『えっ、やったっけ?』もある。T2メンバー全員ではなかったという話なのだが、屋上でBBQという話に、11thシングル『早送りカレンダー』の特典映像 『HKT48のサク旅』も連想させる。

次は、T2メンバーみんなでやろうという話に、キャプテン 山下エミリーの『次とか言わない方がいいと思う、絶対、来ない』となり、以前、集まりが悪いと話していたことからも重みがあり。栗原紗英の『キャプテンと副キャプテンに集合かけてもらって、やってもらいたんだけど.....さっき、そこで、キャプテンと副キャプテン、今日のMCいるねと言ったら、日向が、副キャプテン、誰でしたっけって』に客席からの大きな笑いもある。

松本日向の隣に、副キャプテン 外園葉月がおり、指差しながら、『こいつ、ホントに』となり。松本日向の『ホンマに忘れちゃってて..』に、外園葉月の『ホンマに忘れちゃいかんよ、それだけは』に笑いもある。

公演の終盤では、『T2ラジオを復活します!』という発表があり。山下エミリーから『モバイル限定公演にて、麻莉愛が、その事を話してくれたらしく。それを見た大人の方が、麻莉愛が言うなら、仕方ないと』に歓声も上がるなど大いに盛り上がっていた。

以前、Google+で行われていたものが、HKT48のYouTubeにアップされることになり、初回が29日の21時頃に配信。公式だけに、閲覧数も大きく伸びそうで、楽しみでもある。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(274) 
共通テーマ:日記・雑感

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1236.ファンの声援も響き、いろいろあるところにライブ感もあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、様々なメンバーが出演する 『ただいま 恋愛中』公演。ファンのタイミングを合わせた 大きな声援も響き、劇場公演ならではの出来事もあるなどライブ感もあり、にぎやかさがある。

ユニット曲 『純愛のクレッシェンド』では、体調不良で急遽休演になった松本日向に代わり、今日、覚えたばかりという 村川緋杏(びびあん)が出演しており。ちょうど曲が止まる瞬間、『こ、ん、ゃ....』と歌ってしまい、クールな曲だけ、突然の感じに、隣の田中菜津美も笑顔があり、曲が終わった時には、『びびあん!』という客席からの大きな声援もある。

ユニット曲後のMCでは、今田美奈、栗原紗英、山内祐奈の3人で、この話になり。栗原紗英の『なんか、いつもより、おしゃれでしたよね』、今田美奈の『今日限定だから、今日のみんなは、ホントに特別です』、山内祐奈の『だから、初めて聴いた感じだったんですね』に客席からの拍手があり、これが温かく。

このMCの途中、『ごめんなさい!ホントにすいませんでした!』と言いながら、腰が低く、気まずそうな 村川緋杏が登場し、『全然、スタッフさんのミスではなく、私の大きなミスなので』となり。栗原紗英の『なんならね、2番の歌詞、1番歌ってたよ』に、ざわざわとした笑いが起こり、村川緋杏の『わかりました?』という表情も面白く。

前半MCでは、『重たい女になっちゃってきてて』という 今村麻莉愛の話で盛り上がっており。『りこちゃんとか、なおちゃんが、違う子とわーとやってたら、ああって、なるんですよ』となり、栗原紗英の『音々が、経験者な顔してる』となるのだが。

地頭江音々の『植木さんが、私の事を好きって言ってくれるんですよ。で、なんか、私が通りかかると、あ、音々ちゃんと言ってきて。こやって、肩組んで、ほっぺをすりすりしてくるんですね。それを麻莉愛さんが、なんとも言えない顔で、私を睨んでくるんですよ』に笑いもあり。

今村麻莉愛の『音々ちゃんにはするのに、麻莉愛には、してくれないんだもん』と素直に話すところも可愛らしさがあるのだが。話を振られた時は、清水梨央を連想させるのだが、直接、話が植木南央となり、今村麻莉愛の隣に地頭江音々がいるのも、二人の感じが掴みやすい。

ここで、熊沢世莉奈の『たぶんね、麻莉愛、そういうところだよ』があり。熊沢世莉奈を愛でる会もあり、様々なメンバーから好きと言われる立場なため、植木南央 側の話にもあり。『ホントに重たい愛は、いらないです』と断言するところで大きな笑いも起こり、『嬉しいんですけど、重た過ぎると、こっちが引いちゃう』と説得力がある。程度の問題という話にもなるのだが、これが、人それぞれで違うところに難しさもありそうだ。

この話を真面目に聞いていた 今村麻莉愛から 『今度は、距離を置いてみますね』があり、地頭江音々の『梨央ちゃんみたいなこと言ってる』、坂口理子の『やだやだやだ~、子離れするのは、やだ』と違いがあるのも面白く。

感想のところでは、坂口理子と今村麻莉愛の二人が向かい合い踊り出すのだが。今村麻莉愛のお母さんが認める第二のママ 坂口理子だけに、似たもの親子な感じが微笑ましく、村川緋杏の『それ、サッカー勝った時のやつ』とも言われていた。

後半MCでは、再び、清水梨央の話で盛り上がっており。『4期生とか、何かないの』と司会を務める 外園葉月が話したところ、清水梨央の『昨日、まいこむさんの面白いの話しちゃって、もうネタ切れで...』となり。すると、周りのメンバーから『その話、聞きたい』と言われ、『え~絶対、もう、面白くないんですけど』と前置きしつつ、話し始めており。

『まいこむさんが新幹線で横で、リクライニングがあって。それで、右の方が多いから、右側についてると思うんですけど。なぜか、まいこむさんは、右に串カツの袋を持ってて、左でガチャガチャして、私の席をいじくられたって話です』に周りのメンバーも笑い出し、山下エミリーの『梨央ちゃんの背中がこうなって...』、外園葉月の『なんで気づかないのよ』、田中菜津美の『それツアーに取っとこ、そのネタ』もあり、大いに盛り上がっていた。

深川舞子と清水梨央の二人のキャラクターもあり、さらに、前日には話していなかった 『右に串カツの袋』というのも大阪帰りという 雰囲気があり、この変化に新しさもある。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND

nice!(200) 
共通テーマ:日記・雑感

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1235.ファンの大きな声援もあり、急な感じも面白く [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、チームHの『シアターの女神』公演。ファンの声援に勢いがあり、MCでのリアクションも大きく、突然、始まる スタッフ 磯田さんの生誕祭など温かさも感じられる。

自己紹介とお題のところでは、『上半期の思い出』がテーマ。先日、行われた 選抜総選挙の話も多く、ツアーや舞台の話もあるなど様々なのだが、明るくにぎやかさがあり。

小学館の小説ポータルサイト 『小説丸』で連載が決まったという 田島芽瑠の話があり。『小説丸』を初めて聞き、調べたところ、小説を読んでタイトルを募集したり、発売前の新刊を読み、書いた感想が商品オビに採用されるかもしれないなど、出版社だけに企画のユニークさも凄く。

清水梨央の『植木チルドレンならぬ、上野チルドレンでいきたいと思います』もあり、上野遥にスカウトされて、この公演に出ていることからなのだが。この公演に、植木南央と上野遥のどちらも出演しており、『植木チルドレン』と『上野チルドレン』で語呂も近く、面白くなりそうな。

その後のMCでは、この公演の次に行われる『RESET』公演の話もあり、上野遥の『始まったら、スカウトしに行きます』に、豊永阿紀の『また役職ができた』もあるのだが。『はるたん先生』とも呼ばれる 上野遥でもあり、メンバー内で誰をスカウトするかというのも興味深く。

前半MCでは、西鉄のICカード乗車券 『ニモカ』が壊れたという 駒田京伽(ひろか)の話では、珍事件とも言われており。ニモカを使おうとしたところ、ピッと鳴るも使えませんとなり、坂口理子と一緒にお店に行ったとなるのだが。

『ずっと下車できていない状態になってますって言われて、1週間電車乗ってて』と笑いながら 駒田京伽が話つつ、お店の人と面と向かって笑えず、笑いを堪えながら、肩を揺らして笑う姿を坂口理子と二人で再現していた。

どうやって、下車したんだろうという話では、坂口理子の『乗り換えの機械もあるから』もあり。実際には、下車しているのだが、処理上は、下車していない状態が続いていたとなり、こういうトラブルも起こるという驚きがある。

後半MCでは、清水梨央の話で盛り上がっていたのだが。清水梨央の『この前の握手会、大阪の。帰りの新幹線の時に、まいこむさんとマネージャーさんと横だったんですけど、リクライニング、倒すのが右に付いてるんですけど、まいこむさん、左だと思って、私の方をずっと倒してきてて...』に客席からの大きな笑いと拍手があり。

なかなか倒れないと1分ほどレバーを引いていたようで、清水梨央の『ずっと、こうなってて....』と背もたれが勝手に下がる動きをしており、これに周りのメンバーも笑い出し、『ごめん、りおちゃん、こっちだったって言って...』に再び笑いもある。

もともとの友達 豊永阿紀に当たりが強く、他の後輩に優しいという 1期生 深川舞子、声が小さく静かなイメージの4期生 清水梨央の二人なため、組み合わせも面白く。

上野遥の『めっちゃ面白い』、田島芽瑠の『まさか、こんな面白い話を隠し持ってるとはね...もっと堂々と手をあげて』、植木南央の『K4公演に来て、もう一回言ってもウケそう』もあるなど盛り上がっていた。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(190) 
共通テーマ:日記・雑感

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1234.にぎやかに話も弾み、盛り上がった カラオケ配信に拍手もあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、チームK4の『制服の芽』公演。それぞれのMCでは、世界選抜総選挙など最近の出来事もあれば、『R-1ぐらんぷり』など懐かしい話もあり、様々な話で盛り上がっていた。

ユニット曲後のMCでは、来月、7月17日から始まる テレビ番組 『HKTBINGO!』の話があり。今田美奈の『村重の出番だよ』に客席からの声も上がり、村重杏奈の『血が騒いで騒いで仕方ない』に笑いも起きていた。

番組の詳細に、本気のお笑いに取り組むとあり、坂本愛玲菜の『賞レースにね、みんなエントリーするらしいです。お笑いのR-1的な....』、村川緋杏(びびあん)の『なんか、年末かな、書いてあった気がしますけど』もあり、番組の枠を超えてという話も興味深く。

ここから、村重杏奈と中西智代梨が出場した『R-1ぐらんぷり』の話があり、これが懐かしく。2013年に行われた『R-1ぐらんぷり』で、福岡で行われた1回戦を突破、二人とも2回戦に進出し話題になったことがある。

『マジでやめた方がいい』と断言する 村重杏奈に、客席からの笑いも大きく。村川緋杏の『なんで?』に、村重杏奈の『そういう感じじゃない』があり、当時、HKT48を担当していた人とよしもとの人が一緒におり、『出てみなよ』と言われたことから、出る事になったとも話していた。

村重杏奈の『村重達がいたら、なんなのお前らみたいな感じだよ。マジで、ホントだよ、マジで....』に、周りのメンバーも静かになり。村川緋杏の『総選挙みたいなものですよね。よしもとの方達の総選挙みたいなのに、私達が....』となり、世界選抜総選挙が行われたばかりなため、この例えに本気の張り詰めた感じが伝わってくる。

前半MCでは、宮脇咲良、村重杏奈、田中美久、矢吹奈子による 『猫舌showroom』の話もあり。村重杏奈の『奈子、美久、咲良、村重だったんですよ。村重もビビるじゃん、なんで、このメンバーに村重なんだろうって』と話し始め、村重杏奈だけがスタッフと面識がなく、『村重だけ、アウェーだったのよ』となり。

『奈子美久、選抜おめでとう、さくちゃんも凄いねみたいな...』とスタッフが声を掛ける中、『村重だけネタがないわけよ、選挙に出てないから.......よろしくねって』に大きな笑いもあり、気まずさも分かりやすく。『めっちゃ辛くて、ホントに苦しかったのよ』と話ながら、ここから、カラオケ配信を通じて、最後は、『村重さん、マジ面白かったっす』とスタッフにも認められ、逆転するという いい話に客席からの大きな拍手もある。

この配信は、6月22日にshowroomで行われ、4人で48グループに限らず、自由にカラオケで歌うというもの。暴れていたと話していたのだが、カラオケ配信では、仕切りながら、歌うだけではなく、動きの派手さもあり、ムードメーカーとして、大いに盛り上げていた。年齢から途中、宮脇咲良と村重杏奈の二人だけになっていたのだが、それでもにぎやかさが変わらず、隣でステージ上から客席を指差す 村重杏奈を見ないように 宮脇咲良が歌う姿も面白かった。

様々なグループのメンバーによる カラオケ配信は、showroomで度々あるのだが、にぎやかに笑いがあるところに、バラエティな面白さもあり。これは、ちょっとした合間でも、村重杏奈が何かをやり始め、中心になって盛り上げていたからじゃないだろうか。

この話の最後には、冨吉明日香の『7年目の先輩が、こんなにも頑張ってると思うと私達も頑張らないといけませんね』があり、言葉に重みも感じられる。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(197) 
共通テーマ:日記・雑感

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1233.取り合う感じもにぎやかさがあり、匂いの話も興味深く [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、様々なメンバーが出演する 『ただいま 恋愛中』公演。モバイル会員限定公演でもあり、ファンの大きな声援も響き、大半がT2メンバーという組み合わせも面白く、にぎやかさがある。

自己紹介とお題のところでは、『今、伝えたい事、言いたい事』がテーマなのだが。メンバーにより様々なのだが、植木南央の『T2公演か』に大きな笑いもあり。

K4メンバーが4人 植木南央の他、渕上舞、運上弘菜、地頭江音々いるのだが、運上弘菜と地頭江音々がT2公演に助っ人で出演することもあるため、植木南央と渕上舞の二人だけのようにも見え、より面白く。

この7年間で同期がいない公演が初めてで、心細いとも話していたのだが、一方で、植木南央が率いる 植木チルドレンは、坂本愛玲菜、今村麻莉愛、堺萌香の3人が揃い、それぞれから大好きというアピールもあり、植木南央を取り合う感じもユニークさがある。

その後のMCでは、武田智加の『南央さん、もかフレンド会員証 1番持ってるんですよ』に、『なんでー』としゃがみ込む 今村麻莉愛もおり。植木南央とのつながりもあり、武田智加の『逆に、私が植木チルドレンに入って...』と話し出すと、今村麻莉愛の『ダメダメダメダメ...』もあり、ライバルが増えそうな展開も面白い。

前半MCでは、『みんなさんに、オススメしたい場所があるんですけど..』という 宮﨑想乃の話が興味深く。『駅のエレベーターなんですけど、駅のエレベーターって、ホントにいい匂いがするんですよ』と話し始め、『人の匂いじゃないんです、エレベーターの匂いがするんですよ』となり。

『駅によって、独特なニオイを持ってて』という話に、周りのメンバーも感心しているようだったのだが、武田智加の『私の最寄り駅、おばあちゃんのニオイがする』もあり。話が進むに連れ、客席の静かな感じもあり、地頭江音々の『ちょっとキモイみたいになってるよ』に笑いもある。宮﨑想乃が好きなエレベーターが2つあり、それは、秘密とも話していた。

それぞれに違いがあるなど細かさに、強いこだわりが感じられ、マニア感もあるのだが。エレベーターは、狭い空間だけに、人の匂いが残りそうなイメージがありつつ、狭いだけに換気も効いていたり、独特な匂いが、どこからくるかというのも気になる。

後半MCでは、『もし、願いが叶うなら』というお題で、身長という 堺萌香の話があり。堺萌香の『麻莉愛ちゃんが、やっぱり、どんどこどんどこ、大きくなって...』に、『どんどこ、どんどこ』と低めの声で植木南央が繰り返すのも面白く。

今村麻莉愛の身長が、どんどん伸びている事に、『やだーとかじゃなくて、ホントにやめてって感じなんですよ。なんか...願いが叶うなら、麻莉愛ちゃんの身長が伸びないで欲しいって事で』に、山下エミリーの『そっち!』、坂本愛玲菜の『人のかい』、植木南央の『サイテー』もあるのだが。

堺萌香の『自分が伸びちゃうと、がっかりしちゃうファンもいるかなっと思って』もあり、小ささに可愛らしさもあるため、この複雑さも感じられる。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND

nice!(238) 
共通テーマ:日記・雑感

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1232.栗原紗英の生誕祭 SNSなアイディアも凄く、温かい雰囲気があり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、チームT2の『手をつなぎながら』公演。栗原紗英の誕生日当日で生誕祭でもあり、声を揃えた ファンの大きな声援に加え、SNSの『#栗原紗英生誕祭』や『♡1』のプラカードを持つなどアイディアも凄く、盛り上がっていた。

自己紹介とお題のところでは、『紗英ちゃんの好きなところ』がテーマ。様々なメンバーが栗原紗英について話しており、可愛らしさが多く。坂本愛玲菜、今村麻莉愛、小田彩加の3人から曲中にしてくるという ウインクもあり、武田智加のジャンプの仕方など、可愛らしいと思うところも、それぞれでいろいろある。

後半MCでは、SNSの『いいね』のように、いい話に客席のファンが『♡1』を上げるのもユニークで。村川緋杏(びびあん)の『紗英ちゃんは、幾度となく、HKT48の危機を救ってるんですよ!』に、周りのメンバーやファンの『おぉー』があり、本人 栗原紗英の『そんな覚えない』もあるのだが。

『覚えてますか? HKT48が、運動会に大遅刻した日があるじゃないですか。あの日、負け確定だなと、みんな思ってるじゃないですか。で、会場に着いて、走りますとなったときに、誰が早かったと思いますか、あの栗原紗英ちゃんですよ!』があり、栗原紗英が笑顔になるも、ファンの反応が薄く。

前半MCでも、松岡はなから『ホントに早いから』と栗原紗英の話をしたばかりで、山内祐奈の『ファンの人達もね、たぶん、その話をするんだろうなって顔してたんだけど』もあり、客席を見た 栗原紗英の『びびちゃん、3いいね、貰ってる』もある。

『もう一つ』と話が続き、村川緋杏の『私が初期の頃、まだ先輩に馴染めず、弱々しいダンスをして、楽屋でも一人じゃないけど、一人でお弁当食べて、あぁ~ってなっている頃、紗英ちゃんが!』となり、ここから小声で『とんとん、さえちゃんって呼んでいいよって....』となり。ここから話しながら、ちらりと客席を見つつ、『10いいね、ありがとう』など、『いいね』の数を挟みながら話していた。

静かな状態でファンの反応が数字で伝えてくるところに面白さがあり。これまでは、客席からの歓声や拍手などの大きさで盛り上がりが分かるのだが、これが、『いいね』の数字で分かると微妙な変化も掴みやすく、そこに新しさもあり。

生誕祭では、ケーキのろうそくに火を点けるのだが、客席では、一人一人がろうそく型のライトに灯りを点け、ハッピーバースデーの曲も歌い、一体感がある。

山下エミリーが司会を務め、『箱の中身はなんだろうな』もあるのだが。世界選抜総選挙 96位で初ランクインを果たし、公約に『苦手なもの22個挑戦』なことから、箱の中身が当たらなければ、嫌いなバナナに挑戦となり、中身を当てれば、中身が貰えるとなるのだが。箱の中身が、栗原紗英だけではなく、他のメンバーやファンも分からないというのも斬新で、中身もバナナなため、結局、嫌いなバナナになっていた。

手紙は、同じ3期生 荒巻美咲から。これまでを振り返りながら、栗原紗英の人柄が感じられる話があり、ちょうど栗原紗英がHKT48に入った時と同じ年齢というのも思いが感じられる。優柔不断で時間がかかり、それが癒しの時間になるという話もあり、悪いところも良くというところに関係の深さも伝わってくる。

最後、ファンへの言葉があり。1年を振り返りながら、応援してくれるファンに感謝の思いを伝えながら、『みなさんがくれた結果が、すごく勇気をくれて、まだまだ頑張らないとなって、本当に思いました』という話が印象に残り。思い悩んだ時に、ファンの応援が大きな支えになり、改めてメンバーとファンの絆も感じられる。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(227) 
共通テーマ:日記・雑感

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1231.矢吹奈子の生誕祭 大きな声援も凄く、温かい雰囲気もあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、チームHの『シアターの女神』公演。矢吹奈子の生誕祭でもあり、9位にランクインした 世界選抜総選挙も終えたばかりで、ファンの大きな声援もあり、MCも様々な話で盛り上がるなどにぎやかさがある。

ユニット曲 『初恋よ、こんにちは』では、田島芽瑠の『はい、田島芽瑠です』があり。曲の流れに、突然、普通に言ってしまったところで、後ろで歌っていた武田智加も驚いていたのだが、『はじめまして、武田智加です』と慌てず戻していた。何か起こるか分からないのもライブ感があり、そこに面白さもある。

後半MCでも、矢吹奈子の話で盛り上がっており。矢吹奈子よりも矢吹奈子のお姉さんとよく会うという 松岡菜摘の話があり、楽屋の矢吹奈子の姿を撮影し、それをお姉さんに送り、お姉さんと二人で矢吹奈子について語り合うなど微笑ましくもある。

松岡菜摘の『昔、私が胃腸炎になって、ご飯を食べちゃだめって言われた時に、奈子、なっちゃんがご飯たべれないなら、奈子もご飯食べないって言って、ヤバくないですか? このエピソード』となり、いい話だったのだが。『今、絶対、食べるもん、奈子』に客席からの笑いもあり、親離れのようなものも感じられる。

さらに、以前、AKB新聞で矢吹奈子と二人でデートした話が駒田京伽(ひろか)からあり、付き合いたてのカップルのようだったもあるのだが。田島芽瑠の『隣に座れなくて、泣いてた頃があったけど』に、駒田京伽の『今は、全然、座るんですけどね』もある。

どちらの話からも、大人になったことが感じられるのだが、一方で、あの頃に戻らないかなという話もあり、ここに複雑な親心のようなものもありそうで。メンバー同士なのだが、家族のような雰囲気も伝わってくる。

生誕祭では、田島芽瑠が司会を務め、その場でファンからの質問にも答えていた。どのメンバーを彼氏にするかという質問では、頭を下げつつ片方の手を伸ばす 坂口理子、隣でネクタイを締め直す 駒田京伽、『172cmあります』と身長をアピールする 田中菜津美と様々。誰が選ばれるかとなり、矢吹奈子の『はずー、仕草がカッコいいんですよ』と外園葉月を選び、盛り上がっていた。

手紙は、田中美久から。同じ3期生で同期でもあり、11thシングルでは、二人でセンターを務め、二人で一緒にという思いが強く感じられる内容でもあり、世界選抜総選挙で田中美久が10位となり、AKB48の曲でも二人でというのも凄く。手紙の最後、『1年前に誕生日プレゼントであげたパンツ、早く履いてください』に笑いもあり、定番な面白さがある。

最後、ファンへの言葉では、先日、行われた世界選抜選挙にも触れ、感謝の思いを伝えていた。客席から達成感のようなものも感じられ、勢いに頼もしさもあり、温かい雰囲気もある。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(204) 
共通テーマ:日記・雑感

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1230.話が弾むところに仲の良さも感じられ、何かあるのも面白く [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、チームK4の『制服の芽』公演。ファンの大きな声援や掛け声も響き、急に何かがありつつ、そこから話が広がり、笑いも多いなど盛り上がっていた。

自己紹介とお題のところでは、『最近、怒ったこと』がテーマ。メンバーから様々な怒った話があるのだが、つい甘い物やお菓子を食べ過ぎてしまうが多く、そこに女の子らしさもあるのだが。

植木南央の推し変の話も盛り上がっており。メンバー内の推し変は分かると話ながら、植木南央の『こないだ、ミュージックステーションさんに出させていただいた後に、めちゃくちゃ、エゴサしてたんですよね、終わって。そしたら、私のファンの方が、その日、GENERATIOINSさんも一緒に出てたんですけど、植木からメンディさんに推し変したんですよ』に客席からの大きな笑いがあり。

『不思議な気持ちになっちゃって。でも、その後も、エゴサしてたら、メンディさんの顔のアイコンをされた方が、植木南央ちゃん可愛いと書いてくれてたので、プラマイゼロかなって思います』に周りのメンバーやファンも大笑いしていた。

ファン側も見られているというところに、距離の近さも感じられ、性別も超えた推し変に面白さがあるのだが。関口メンディと言えば、先日、プロ野球交流戦 巨人×楽天戦の始球式で、133キロのストレートを投げ、大きな話題にもなっただけに想像もしやすく。

前半MCでは、こういう設定なのにという話があり。村川緋杏(びびあん)の『曲中にメンバーが前に3人出てて、そこでやった振りを後ろのみんなが真似するという振りがあって。村重さんが、いつも、こう分からない、凄いやつをやって、みんなできないよという感じで次に行くってとこなんですけど。緋杏、ちょっとやってと曲中に聞こえまして、私がしていいのかなと思いながら、いえーいみたいな感じでしたら、案の定、みんなどうしたんだみたいな感じになって』に、笑いも起きていた。

『仲間の歌』の曲中、メンバー3人が前に出て、左右のメンバーの振りには、後ろのメンバーが、それを真似つつ、最後、真ん中のメンバーの変な振りには、ついてこないという 設定となり。急に、ステージの真ん中で村川緋杏がやり出した時には、周りのメンバーの驚いた表情も凄く。

『この公演が始まって、ずっと、ここやってるんですけど。もともと、やるポジションじゃなくて..』と村重杏奈が話し始め、『わざわざSKEの先生が振付しに来てくれたじゃないですか』と話しながら、『先生が、なんかさ、このチーム、ヤバイやついなの?みたいなこと言って』にファンの大きな笑いがあり、この時、周りのメンバーから無言で指差され、『村重になるに決まってんじゃん』となり。

この日の自己紹介MCでは、以前、村重杏奈が選抜入りした際、メンバーそれぞれのイメージが書かれた衣装の紙を見てしまい、『博多のジャイアン』と書かれ、怒っていたと話したばかりで、それもあるだけに、より面白く。

変な振りをして、ついてこれないという設定ながら、村重杏奈の『プライドは捨てたとは言え、捨ててないものも、たくさんあるし。村重だって、自分のファンがいるんだから、悲しい思いをさせたくなくて』もあり。ここで、1期生 村重杏奈から『みんなが見ているところで変な事って、ねぇ、ODAできる?』と急に話を振り、4期生 小田彩加の『できません』に、下野由貴の『言わされてる』もある。

振り入れに参加できず、自分で覚えたという 下野由貴から『全員、真似するものだと思って、一人だけノリノリでやってたら、みんなやらなくて』に客席からの笑いもあるのだが。村重杏奈の『ここ、村重が変な事して、誰もついてこないって設定じゃん。しなもんだけ、ゴリゴリにマネしてくるから、村重も、どうしたらいいか分からなくて。しなもんも、頑張ります精神凄いじゃん』とも言われていた。

さらに、村重杏奈がDMMで見返した際に、後ろで見ているメンバーの冷めた感じにも触れ、これまでの経緯も話していただけに、『悲しくてしょうがない』に重みもあり。ここで、冨吉明日香の『慣れずに行きましょう。毎回、新鮮味を持って』、村重杏奈の『初心みんな忘れないでさ、村重をあおってよ、ここら辺』もあり、みんなで進化していこう丸く収まっていた。

この曲では、本村碧唯がファンに歌詞を伝え、みんなで歌えるようにもあり、一方、村重杏奈が歌詞の後追いで気分良くも面白かったのだが。次は、この部分も、いろいろあるだけに気になる。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(274) 
共通テーマ:日記・雑感

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1229.にぎやかな雰囲気があり、ユニークな発想が面白く [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、様々なメンバーが出演する『ただいま 恋愛中』公演。ファンの大きな声援に勢いも感じられ、MCも様々な話で笑いも多く盛り上がっていた。

自己紹介とお題のところでは、『自分のライバルは?』がテーマ。メンバーによりライバルも様々なのだが、今村麻莉愛の嫉妬からのライバルという話が分かりやすくもあり、可愛らしさもあり。

今村麻莉愛の『やっぱり、植木チルドレンは、すごいライバルなんですけど。最近、音々ちゃんとか、もかちゃんも、南央ちゃんに、こうやってたり...』と隣の坂口理子を植木南央に見立て、肩に手を回したり、頭をくっ付けたりとなり、『もう、うわぁとなるんですよ、嫉妬しちゃうんですよ』となり。さらに、武田智加は、坂口理子をママと言っており、そこでも嫉妬と話していた。

14歳の今村麻莉愛、15歳の武田智加で年も近く、どちらにも可愛らしい女の子な印象があり、ライバル感も伝わってくるのだが。最後、『なおちゃんとりこちゃんの一番の人になれるように頑張ります!』と笑顔で今村麻莉愛が話していると、隣の坂口理子から 『HKT48に入って良かった』もある。

前半MCでは、自己紹介MCでも話していた 『星が怖い』という松本日向の話が興味深く。松本日向の『星がなんか怖いなんですけど、誰も信じてくれなくて』があり、これに、小田彩加の『小田は、信じる』があり。小田彩加と松本日向の二人で、長崎の展望台へ行った時に、怖がっていた話もしていた。

ここで、下野由貴も話に乗ってくれるのだが、それが上手くかみ合わず、『あら、ごめんなさい』も新しく。好きだけれども星が怖いことから、松本日向の『だから、前世が、そういう星関係みたいな』となり。

この話に、下野由貴の『前世、星関係?』、宮﨑想乃の『前世、星関係だったら怖がらないよ』、小田彩加の『前世、隕石でやられたとか』、村川緋杏の『前世、恐竜じゃない』もあり、なぜ、星が怖いかに迫る話の展開が面白く。

後半MCでは、冨吉明日香の姉の話で盛り上がっており。今村麻莉愛の『さっき、冨吉さんのお姉ちゃんが可愛いと話してたじゃないですか。そしたら、冨吉さんが、お姉ちゃん、麻莉愛に似てるよって言ってくれて。そう、なんか、褒められた気分になりました』と喜ぶ姿も可愛らしいのだが。

冨吉明日香の『なんかね、なんだろうね。我ながら、ホントに、確かに、可愛くなくはないんですよ、ホントに。でも、....麻莉愛とスフィンクスの間みたいな』に周りのメンバーやファンも大笑いしており。これに、坂口理子の『イコール、麻莉愛がスフィンクスみたいな』に、今村麻莉愛の『やだ!やだ!やだ!』もある。

冨吉明日香の『私的には、的確な感じで、想像してもらえれば』もあり、イメージの伝え方もユニークなのだが。2つの顔のイメージが別々にあり、この間と言われると、どちらか一方とも違った合わさったイメージにもなり、独特な雰囲気も伝わってくる。

上野遥のアゴの話もあり。『最近、朝、起きたら、絶対、アゴが外れてるんですよ。別に、私にとっては、驚くことじゃないので。朝、目を開ける前に、先にアゴを元に戻して、目覚めるとうのが、最近の習慣でして』に客席からの笑いも大きく。冨吉明日香の『きっしょ、6年間で、初めて、はるたん、きっしょと思った』、坂口理子の『いつも、可愛い可愛いって言ってるのにね』もあり、隣の今村麻莉愛は口を押えて大笑いしていた。

もともと、アゴが外れるという事ではなく、現在、歯の矯正をしているためとも話しており。歯の矯正でアゴ周りの筋肉が緊張するなどして、顎関節脱臼になっているということかもしれない。日常茶飯事とも話しており、アゴを整える姿を想像すると、妙な面白さがある。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(191) 
共通テーマ:日記・雑感

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1228.ファンの大きな声援に活気があり、様々な主張も面白く [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、様々なメンバーが出演する 『ただいま 恋愛中』公演。最初から最後まで続く ファンの大きな声援もあり、声の厚みに活気も感じられ、にぎやかに盛り上がっていた。

自己紹介とお題のところでは、『主張したいこと』がテーマ。ちょっとイラッとした話が多いのだが、これがこの機会にという感じで面白さがあり、メンバーそれぞれの個性も感じられる。

ファンから言われるという 堺萌香の『おいもちゃんのおいもちゃんは、こいもちゃん』も遠回しな表現でユニークさがあり、宮崎出身と聞かれる 佐賀出身 宮﨑想乃の『毎回来てくださる方でも、いるんですよ。もう、ちょっと、....ちょっとね、そろそろ、んッ!....なので』など様々で、どのメンバーの話も客席からの笑いがある。

『見た目で判断するな』という 今村麻莉愛の話も盛り上がっており。今村麻莉愛の『この公演でもですね、アンコールらへんに、ちょっと大人っぽい曲があるんですけど。それを歌えないんですよ、麻莉愛は。でも、この前、AKB48劇場の合同で行った時に、同い年の西川怜ちゃんって子は、高橋さんポジで、最後に、....やってるんですよ』となり。

同い年で、なぜ歌えないかと聞いたところ、『見た目だよね、やっぱ』と言われたとなり、ここでも笑いが起きていたのだが。さらに、今村麻莉愛の『見た目だったら、おいもちゃんも歌えてないんじゃないかなって思うんですけど』に再び大きな笑いがある。年齢だけではなく、見た目も考慮してというのが分かる話でもある。

後半MCでは、空港で間違われたという 駒田京伽(ひろか)の話があり。『飛行機に乗るときに、紙見せるじゃないですか、荷物預けるときに。で、結構、駒田京伽という名前で間違われるんですよ。こだまひろかさんですねとか、注意するの面倒くさいから、はいって言うんですけど。こないだ乗ったときに、兒玉遥さんですねって言われて、急に知名度が上がったみたいになって、めちゃめちゃ嬉しく、その時は、思いっきり、はい!って...結構、間違えられるんですよ』に、周りのメンバーやファンも笑い出していた。

これに続き、武田智加からも 『こないだも、楽屋にいるときに、マネージャーさんがカーテン越しから、ぴーさんのこと呼んでて。ずっと、こだま、こだま、こだまいない?って呼んでて。ぽそっと、こまだですって、返事しないんですよ』があり、駒田京伽の『マネージャーさんにも、今だに、間違われることが多いので』もある。

空港で間違われつつ、身近なマネージャーからも間違われるところに面白さがあるのだが。その後、読み間違いの話にもなり、運上弘菜の『弘菜も、選抜に入って、衣装のところに、うんかみさんって.....』もあり、この間違い方も凄く。ただ、人の名前になると変わった読み方も実際にあり、人名の難しさもありそうで。

メンバーに感想を聞くところでは、深川舞子が司会を務め、同じ1期生 田中菜津美を当てており。楽屋で適当に自由に当てると深川舞子が話している時から当てられると思ったに笑いもあり、『1期生が3人だけだったんですけど、Hに慣れ過ぎて多く感じるんですよ...』とも話していた。

ここで、深川舞子の『じゃあ、う~ん.....』と次に当てるメンバーを探していると、田中菜津美の『じゃ、まいこむ』と逆に当てられ、『エッ』と慌てる 深川舞子も面白く。『まって!まって! まぁ...あの...久々のただいま恋愛中公演で楽しかったです』と話したところで、熊沢世莉奈の『普通やん』、田中菜津美の『入りたてのようなコメントで』もある。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(205) 
共通テーマ:日記・雑感