So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1230.話が弾むところに仲の良さも感じられ、何かあるのも面白く [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、チームK4の『制服の芽』公演。ファンの大きな声援や掛け声も響き、急に何かがありつつ、そこから話が広がり、笑いも多いなど盛り上がっていた。

自己紹介とお題のところでは、『最近、怒ったこと』がテーマ。メンバーから様々な怒った話があるのだが、つい甘い物やお菓子を食べ過ぎてしまうが多く、そこに女の子らしさもあるのだが。

植木南央の推し変の話も盛り上がっており。メンバー内の推し変は分かると話ながら、植木南央の『こないだ、ミュージックステーションさんに出させていただいた後に、めちゃくちゃ、エゴサしてたんですよね、終わって。そしたら、私のファンの方が、その日、GENERATIOINSさんも一緒に出てたんですけど、植木からメンディさんに推し変したんですよ』に客席からの大きな笑いがあり。

『不思議な気持ちになっちゃって。でも、その後も、エゴサしてたら、メンディさんの顔のアイコンをされた方が、植木南央ちゃん可愛いと書いてくれてたので、プラマイゼロかなって思います』に周りのメンバーやファンも大笑いしていた。

ファン側も見られているというところに、距離の近さも感じられ、性別も超えた推し変に面白さがあるのだが。関口メンディと言えば、先日、プロ野球交流戦 巨人×楽天戦の始球式で、133キロのストレートを投げ、大きな話題にもなっただけに想像もしやすく。

前半MCでは、こういう設定なのにという話があり。村川緋杏(びびあん)の『曲中にメンバーが前に3人出てて、そこでやった振りを後ろのみんなが真似するという振りがあって。村重さんが、いつも、こう分からない、凄いやつをやって、みんなできないよという感じで次に行くってとこなんですけど。緋杏、ちょっとやってと曲中に聞こえまして、私がしていいのかなと思いながら、いえーいみたいな感じでしたら、案の定、みんなどうしたんだみたいな感じになって』に、笑いも起きていた。

『仲間の歌』の曲中、メンバー3人が前に出て、左右のメンバーの振りには、後ろのメンバーが、それを真似つつ、最後、真ん中のメンバーの変な振りには、ついてこないという 設定となり。急に、ステージの真ん中で村川緋杏がやり出した時には、周りのメンバーの驚いた表情も凄く。

『この公演が始まって、ずっと、ここやってるんですけど。もともと、やるポジションじゃなくて..』と村重杏奈が話し始め、『わざわざSKEの先生が振付しに来てくれたじゃないですか』と話しながら、『先生が、なんかさ、このチーム、ヤバイやついなの?みたいなこと言って』にファンの大きな笑いがあり、この時、周りのメンバーから無言で指差され、『村重になるに決まってんじゃん』となり。

この日の自己紹介MCでは、以前、村重杏奈が選抜入りした際、メンバーそれぞれのイメージが書かれた衣装の紙を見てしまい、『博多のジャイアン』と書かれ、怒っていたと話したばかりで、それもあるだけに、より面白く。

変な振りをして、ついてこれないという設定ながら、村重杏奈の『プライドは捨てたとは言え、捨ててないものも、たくさんあるし。村重だって、自分のファンがいるんだから、悲しい思いをさせたくなくて』もあり。ここで、1期生 村重杏奈から『みんなが見ているところで変な事って、ねぇ、ODAできる?』と急に話を振り、4期生 小田彩加の『できません』に、下野由貴の『言わされてる』もある。

振り入れに参加できず、自分で覚えたという 下野由貴から『全員、真似するものだと思って、一人だけノリノリでやってたら、みんなやらなくて』に客席からの笑いもあるのだが。村重杏奈の『ここ、村重が変な事して、誰もついてこないって設定じゃん。しなもんだけ、ゴリゴリにマネしてくるから、村重も、どうしたらいいか分からなくて。しなもんも、頑張ります精神凄いじゃん』とも言われていた。

さらに、村重杏奈がDMMで見返した際に、後ろで見ているメンバーの冷めた感じにも触れ、これまでの経緯も話していただけに、『悲しくてしょうがない』に重みもあり。ここで、冨吉明日香の『慣れずに行きましょう。毎回、新鮮味を持って』、村重杏奈の『初心みんな忘れないでさ、村重をあおってよ、ここら辺』もあり、みんなで進化していこう丸く収まっていた。

この曲では、本村碧唯がファンに歌詞を伝え、みんなで歌えるようにもあり、一方、村重杏奈が歌詞の後追いで気分良くも面白かったのだが。次は、この部分も、いろいろあるだけに気になる。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(274) 
共通テーマ:日記・雑感