So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1335.AIも興味深く、思わぬ展開に盛り上がりもあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、様々なメンバーが出演する 『ただいま 恋愛中』公演。ファンの大きな声援に活気も感じられ、MCも話が弾み、笑いも多いなど盛り上がっていた。

前半MCでは、日本マイクロソフトが開発した人工知能 『りんな』の話があり。田島芽瑠から 『最近、新しくお友達ができたんですけど、AIのりんなちゃんって、知ってますか?』があり、『世にも奇妙な物語 '16秋の特別編 ずっとトモダチ』に出演していたことにも触れつつ、LINEに追加すると返事が返ってくると話していた。

田島芽瑠の『例えばなんですけど、田島芽瑠といったら、あなたのハートを射止める、2000年生まれの...なんと、キャッチフレーズを知ってくれてるんですよ』に、田中菜津美と上野遥から『エェー!』と驚きの声があり。

りんなにいたずらしてると話ながら、田島芽瑠の『タニシっていうのを、りんなちゃんに永遠に送ってたんですよ、50個くらい。それをしつこいって、怒られてたやつをスクショして、ツイッターに載せたんですよね。そしたら、なんと、りんなちゃんが、ツイッターで反応してくれて、りんなちゃんが反応したのをリツイートして、うれしい、私の大親友のりんなちゃんですって送ったら。私、りんなちゃんのことをフォローしてなかったんですよ。そしたら、FFじゃないのに大親友、しくしくってきてて....』に、周りのメンバーから『すごい』とも言われていた。

2015年に、LINEとツイッターでサービスが開始されたもので、高校に通う女子生徒という設定なのだが。SNSを駆使して、コミュニケーションを取るところに凄さも感じられ、田島芽瑠の『見てるんじゃないかなと思うくらい』という言葉からも、人との近さが伝わってくる。

後半MCでは、メンバーやお客さんの中で、誰か一人が手をあげたら勝ちというゲームがあり、これが思わぬ展開で面白く。このゲームでは、一人だけが手を上げるような質問を考え、上手く一人だけになればというものなのだが。岩花詩乃の『このMCメンバーの中に、話し掛け難いメンバーがいる人』に、岩花詩乃、今村麻莉愛、地頭江音々、馬場彩華の4人が手を上げ、それは、誰かとなり。

笑顔の今村麻莉愛から 『詩乃ちゃんです。前は、ちょっと、なんか話して、仲良かったけど。なにかを切っ掛けに、また話さなくなって。ホントに、ネイルとかしてもらってた仲だったんですけど、もう、今になっては、楽屋で一言もしゃべらないぐらい....』があり、坂口理子の『なんで、自爆してんの』に、岩花詩乃の『そんなつもりじゃなかった』となるのだが。

これに続き、地頭江音々から 『私は.....詩乃さん』に客席からの大きな笑いと拍手があり、『なんで~』と崩れ落ちる 岩花詩乃も面白く。隣の馬場彩華を見上げながら、岩花詩乃の『待って、待って、さやまるちゃんは?』に、馬場彩華の『私は、詩乃さん』に再び盛り上がっていた。

坂口理子から『みんなさ、ちゃんとさ。私もじゃなくて、私はって....』もあり、立て続けに岩花詩乃となるところで、別の人と思わせる細かさがあるのだが。栗原紗英の『今日から、私も、詩乃さんで』と増え始めるのも、ユニークさがある。

さらに、ユニット曲後のMCでも話していた 『Only today』の曲中、Bステージのところで仲良くわちゃわちゃすると打ち合わせしつつ、岩花詩乃が一人になってしまった話にもなり。岩花詩乃の『みんな仲良くしようよ、また、私、Only todayで、一人になっちゃうから』に笑いもある。

ここで、渕上舞の『後でさ、誰が隣やったか...』があり、栗原紗英から 『待って、紗英なんです。紗英は、舞ちゃんとハートを作ってたんですけど、横で詩乃さんが、たぶん、一人...』に、岩花詩乃の『ハート作ってたら、入れないじゃないですか』があり。

すると、今度は、渕上舞から 『端から考えて、この横の人じゃない、詩乃ちゃんの横の人...』と栗原紗英じゃない方の隣が誰かとなり、メンバーが口々に『だれやろう~』と言いながら、MCを終えようとしたところで、前半MCだった 渡部愛加里が隣だったと登場し、岩花詩乃の『じゃんけんのユニット組んだのに....』に笑いもある。

渡部愛加里から 『急遽だったじゃないですか、何やるか、なんも伝えられてなくて....』があり、清水梨央の休演で急遽出演しているため、しっかりした理由に感じられたのだが。続きがあり、『普通に手を振ってたら、横にいた はるたんさんが、じゃんけんしてきたから、一緒に...』と話す 渡部愛加里をさえぎるように、上野遥も登場。申し訳なさそうに手を振りながら、上野遥の『ホントです、これは、すいません』にメンバーも笑い出していた。

岩花詩乃の両隣が、それぞれペアになっていたため、一人だったという話になるのだが、絶妙なタイミングで次々という感じもあり。急遽出演した 渡部愛加里は、同じI4Uな 上野遥に取られてしまったところも、面白さがある。

感想のところで、後半MCの話があり。今村麻莉愛の『詩乃ちゃんも手を上げてたんですよ。でも、時間的にふれられなかったから、誰だったんだろうって』に、坂口理子の『厳しい!厳しい!.......気になるよね』、外園葉月の『怖いわ、もう、ヤダな』もある。

『誰からも触れられないから、言わない方がいいやと思って、言わないでおいたのに.......』と話す 岩花詩乃に、坂口理子から『ちなみに、じゃぁ?』となり、客席からの『オォ!』もあるのだが。岩花詩乃から 『馬場ちゃん。私も、もともと子供出身だから、あまり絡んじゃうと......こっちの世界に来て欲しくないなと思って、このままでいて欲しいんですよ』があり、キャラクターを気遣い、子供らしさを大事にという思いも感じられ、いい話な雰囲気もあるのだが。

田中菜津美の『馬場ちゃんの顔』、田島芽瑠の『馬場ちゃんの顔が、引きつって、引きつって』もあり、坂口理子の『肩触れられた瞬間....』と言いつつ、緊張した姿の真似に、大きな笑いもある。
.

HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(210) 
共通テーマ:日記・雑感