So-net無料ブログ作成

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1409.アザがないも面白く、優しさが感じられる話もあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、研究生の『脳内パラダイス』公演。大きな声援も響き、先輩後輩もなく、5期生メンバーの公演だけに、伸び伸びとした にぎやかさがある。

ユニット曲後のMCでは、指原莉乃の卒業コンサートの話があり。川平聖から『いつもは、先輩の衣装を借りて、ステージに立ってるんですけど。そのとき、こうやって行ったら、衣装に川平って書かれてて、え、自分の衣装? しかも、2着、本当に嬉しくて....』があり、5期生みんなで喜んでいたとも話していたのだが。

最後のコンサートで、指原莉乃がみんなに新しい衣装を着せようとお願いしてくれたからとなり、客席からの温かい拍手もあるのだが。メンバーへの思いや優しさが感じられる話でもあり。

上島楓の『一曲目からね、はかまで、踊ったんですよ』という話から、長野雅のはかまの話になり。市村愛里の『リハーサルんときに、このステージ、花道とかの下をさ、こう移動してるんですよ...』と中腰になりながら話すのだが、『はかまが長いのか分かんないけど、雅が、なんか、すごいつまずいて.....デカイやつ転んでんなと思ったら、雅で。ガタイいいんだから、邪魔だよと思って』に大きな笑いもあり。

本番でも、はかまを引きずり、2階になかなか上がれず、後ろには、先輩達が待たされていたとなり。長野雅の『言い訳なんですけど、ちょっと言わせてください.....衣装さんも、はかまを着付けしてくださっているときに、はかまだから、動き小さくなっちゃうかもしれないけどねみたいなことを言ってて。でも、そのとき、私、思ったんですよ。はかまだからって、小さい動きできないなと思って....』となり、心意気が感じられる話だったのだが。

はかま姿で大きく動いたため、帯が緩んだとなり。市村愛里の『それで、あれか。長くなっちゃったのか』、上島楓の『帯が緩んだせいだったんだね』、川平聖の『みんな、結構さ、舞踏会に行きますみたいな感じで、こうやって、階段のぼってたよ』とも言われていた。

楽屋には、中西智代梨と谷真理佳がいたとなり。上島楓の『5期生が、脳内パラダイスやってるんですぅ、みたいなこと言ってて。雅、隊長やってるんですぅ、みたいなこと言ったんですよ。谷さんに言ったんですけど、谷さんが、え、すごいじゃん! 頑張って、めっちゃ、アザできるよねって言ったときに、みんな、えっ、アザ?』となり、市村愛里の『....ないぞみたいな感じになって』に客席からの大きな笑いが起こり。

先輩の谷真理佳から 『アザができるよね』と言われ、急に話が噛み合わなくなり、慌て出す感じも面白いのだが。当時の『くるくるぱー』では、ネギを振り回しながら暴れ回り、他のメンバーから『ネギ臭い』とよく言われていたのを思い出し、それが懐かしく。

市村愛里の『智代梨さんも、くるぱーやってるんですって言ったら、えぇ~がんばってぇ、え~そうなの~って』に、長野雅の『言い方!』となるのだが。市村愛里の『マジで、こんな感じだった!ホントに!やっぱ、オーラあるなって、くるぱーの』に客席からの拍手もある。この話の流れでは、くるくるぱーのオーラになり、単に先輩のオーラがあるとも違ってくるため、そこに、面白さもある。

市村愛里の『もっと私達も、くるわないとダメなのかなって』、長野雅の『アザなんて、できてないもんね』、川平聖の『かすり傷すら、なにもやったことない』となり。『くるくるぱー』に初登場の上島楓の 『まさか、ここに来るって知らなかったから、遠目で脚組んで、あははって笑ってました、そのとき。アザできてないのかよ、みたいな感じで見てたら。今日、アザ、できてません』もある。

『アザ作ってこう!ホントに』という 市村愛里に、上島楓と川平聖から団結力があるから、できるという話にもなるのだが。横にいた長野雅を見つつ、市村愛里の『隊長がしっかりしてくれなきゃ.....』に、長野雅の『しっかりしてるぜ!』も面白く。

最初に点数を聞いたところ、長野雅が言葉に詰まっていたため、市村愛里が『満点でいいよ』と流していたのだが。ここで、上島楓から何点と改めて聞かれ、『100点だぜ!』と長野雅が言うのだが。上島楓が『くるくるぱー』に居座ろうかなとなり、これには困るようで、急に『じゃ、10点!10点!』と点数を引き下げていた。

長野雅は、市進教育グループ 市進予備校の2019年 夏のキャンペーンイメージキャラクターに就任することが決まっており。ポンコツと度々言われる隊長がというところに、ユニークさもある。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(177) 
共通テーマ:日記・雑感