So-net無料ブログ作成

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1419.曲の話も様々で、思わず出てしまう ギャル化も面白く [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、チームT2の『手をつなぎながら』公演。ファンの大きな声援に活気があり、MCもチームT2のBBQやJKの話で大いに盛り上がっていた。

自己紹介とお題のところでは、『雨の日に聴きたい曲』がテーマ。HKT48の曲の他、48グループの曲、他のアーティストの曲もあれば、童謡などもあり、様々なのだが。雨の日に、明るい曲を聴くか、静かな曲になるかの違いもある。

小田彩加のところでは、昭和な曲でも、かなり古そうなものになり、これが興味深く。『小田が、雨と言って、思い浮かんだのが、しとしとみっちゃん、しとぴっちゃんっていう...』と話した途端、すでに客席からの大きな笑いがあり。

『そういう曲があって、そのフレーズだけ歌えるんですよ。調べたら、子連れ狼?っていう、結構、昭和なね、方の曲で、昔、流行った曲らしくて。なんで、小田が知っているのかは分かりません』とも話していた。

『子連れ狼』は、世代が大分離れているため、よく分からず、調べたところ。『子連れ狼』というマンガがあり、それを原作に映画化やテレビドラマ化されたようで。1972年の1年間だけで映画が4作もあり、1974年、1993年にも映画が公開されている。『しとしとぴっちゃん、しとぴっちゃん』が、雨を表現していたことが分かり、なるほどという驚きがある。

後半MCでは、清水梨央のギャル化で盛り上がっており。月足天音の『最近、梨央ちゃんの変化がすごくて。日に日にギャル化.....さっき話したときにも、くっさーとか言ってたんですよ』に、清水梨央が笑いながら『言わないでよ!バレるじゃん!』もあり、客席からの大きな笑いもある。

『ギャルになりたいとかじゃなくて、自然に、そういう口調になっちゃう』という 清水梨央に、『今、JK?何年生?高校』と村川緋杏(びびあん)から聞かれ、1年生となり、『高校デビューですね』とも言われていた。

武田智加からも 『T2でバーベキューしたときに、みんな、一人一人紙コップを配って、ジュースをそそいでたんですよ。みんな、普通に、まりあとか、もかとか書いてるのに、JKって書いてる。めっちゃ、面白かった』と清水梨央を指差し、客席からの大きな笑いと拍手がある。

村川緋杏の『JKってさ、麻莉愛も、JKだよね』に、今村麻莉愛も『麻莉愛も、JKライフ楽しんでるから!』があり。負けじと言い出す感じに、女子高生が楽しくて仕方ないというのも伝わってくる。この感じが、男子には無さそうなところで、新鮮に感じられるところもある。

今村麻莉愛から『梨央ちゃんは、詩乃ちゃんを継ぐからね』もあり、清水梨央の『そうですね、ファンの方にも、なんか悲しいですと載せたら。普通は、そうだよねって終わるのに、やっぱ、後継者だから、相当、寂しいよねみたいな』に笑いもあり。

月足天音に促され、清水梨央の『くさー』があるのだが。村川緋杏の『自己紹介で、バリ声が小さいのにさ、くさー!』もあり、坂本愛玲菜の『文字でやるやつやん』もあるのだが。文字で広まっているものが、話し言葉でというのも新しさがある。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(179) 
共通テーマ:日記・雑感