So-net無料ブログ作成

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1420.急な展開に盛り上がり、隠れて玉入れも凄く [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、R24の『博多リフレッシュ』公演。ファンの大きな声援もあり、同期のメンバーによる独特なにぎやかさもあるのだが、卒業発表が続き、どこか寂しい雰囲気がある。

自己紹介とお題のところでは、『最近、驚いたこと』がテーマなのだが、坂口理子のところでは、2期生による R24の話があり。『このR24が結成されたのが、1月くらいだったのかな。10人で始めたんですけど、なんと、もう、7人になってしまうというのが、すごい驚きで。そうなんですよね、明日香ちゃんが辞めて、ぴーも詩乃も卒業発表してるので。7人になると、今後、どうなのかという、みなさん以上に、私達が心配なんですけど、ホントに』があり。

田島芽瑠の『でも、みんなで、神7だね』に、坂口理子の『そうだね、みんな神7になれるね』があり、客席からの『オォー』もあるのだが。2期生のR24だけに、助っ人が加わるとコンセプトが崩れることにもなりそうで、今後が気になる。

神志那結衣の髪の量の話もあるのだが、思わぬ展開が面白く。神志那結衣の『人より、ちょっと髪の毛が少なくて....今日、はるたんの髪を使って、私は、はるたんの髪のどれくらいの束なんだろうと思って、はるたんの1/3くらいの量が...』と話していたところ、後ろの上野遥から『じーちゃん、一つ言いたいことがあるんだけどね。なんで、スカートの下に履くパニエ、上に履いてるの』となり、周りのメンバーも笑い出していた。

スカートのボリュームを出すために、中に履く下着のようなスカートがあり、それを上に履いてしまったという話なのだが。どちらの色も黒でもあり、見た目では、違いが分からないくらいなのだが、スカートの中に履くものなため、スカートよりも短く、その違いで分かる。次の渕上舞からは、このお題で、この話になり、新鮮さが凄く。

くじを引いて、ソロ曲を歌うという企画では、田島芽瑠の『ソロ、やったことない人』に、メンバーが手を上げるのだが。卒業が目前の駒田京伽が手を上げると、上野遥と坂口理子から『どうぞ、どうぞ』となり、お笑い ダチョウ倶楽部のコントような雰囲気もあり。田島芽瑠の『そりゃ、そうなるよね..ぴーちゃんのソロを聴かずに終わるなんてことはできないです』となり、今回は、『やさしくするよりキスをして』を駒田京伽が歌っていた。

前半MCでは、田島芽瑠の運動会の話があり。『この前、弟の運動会に、見に行ってたんですよ....放送が鳴って、大人の方も参加してくださいみたいなって、やばい、これは行くしかないと思って』に、客席からの笑いもあり。

大人と子供に分かれ、玉入れするとなり、『お父さんとお母さんに、絶対、行かないでねって止められたんですけど。あの、トイレ行ってくるって言って、ダッシュで玉入れのところに走って行って、玉投げてたんですよ』と話す 田島芽瑠に、周りのメンバーも驚き。『全然、玉が入らなくて、悔しがってたら、芽瑠ちゃんじゃない?って言われて、玉入れしてるところでバレたら、超恥ずかしいと思って、ダッシュで逃げました』となるのだが。弟の運動会に積極的に参加するというのも、頼もしそうで温かさもある。

ここから、誰にもバレなかったら、寂しくないという 田島芽瑠の『人の目を、こうやって、じっと見る....恐怖心を感じてるでしょ、違うよ』に、神志那結衣の『芽瑠ちゃんから目を合せられたら、嬉しいよね、でも....』に、岩花詩乃の『ファンの方だったら、嬉しいよ』もある。

ファンを見かけて、ずっと見ても気づいてくれないもあり、渕上舞の『ファンの方、いつも、公演とか、握手会に来てくださる姿を見てるじゃないですか。で、街中とかで、お仕事中のファンの方を見かけてしまったときに、なんか、見ちゃいけないもの見ちゃったのかなって思うんですけど.....』に、客席からの大きな笑いと拍手がある。

逆に、ファンも見られているという話なのだが、見慣れた姿と違う姿を見てしまい、どっちがプライベートとなるのも面白さがある。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(202) 
共通テーマ:日記・雑感