So-net無料ブログ作成

こうなったら病院に行くしかない 1.なんとなく体調が悪いと思っていたら、胃の痛みが酷くなり [病院に行った話]

もう少し早く、病院に行けば良かったという話なのだが。梅雨の時期で、寒暖の差も激しく、体調が崩れやすいからこそ、調子の悪さに気づき難いところもあり。

1週間ほど前だろうか、のどの奥が痛く、こんな奥でも効くのかと思いながら、うがい薬でうがいをしたところ、2,3日して、痛みは、ほとんどなくなった。

特に薬も飲まず、土曜日の朝、寝起きにで力が抜けるというか、力が入らないため、再び、横になり。しばらくして、起きたところ、天気が悪かったこともあり、ちょっと調子が悪いとは感じつつ、普段から、こんなものじゃないかと思っていた。

ここでおかしいことに気づき、病院に行けば良かったのだが。子供の頃から病院に行くのが好きではないため、この程度では、重い腰を上げるほどの決め手にならず。

日曜日になり、なんとなく調子が悪く、まだ、体の感覚がおかしい。体がだるいとも違う気がしたのだが、小刻みに震えているような、そんな不快さに気づき、その日の夜、夕食を食べた後、胃痛と酷い吐き気で眠れなくなり。

翌日に、寝たか寝てないかという状態で目を覚ますと、腹痛はそのまま、熱も38度ほど。ここまでくれば、病院に行きたくてしかたなくなり、点滴を打たれて、薬も貰い、しばらく様子を見ることに。症状が感染性胃腸炎にも近そうなのだが、どうも、胃腸がやられる風邪らしい。

byoin01.jpg

とにかく、十分な水分補給、安静、食べない方がいいと言われたのだが。薬には食後なものもあり、全く食べない訳にも行かないだろうと、具を入れず、麺だけのうどんを食べたところ、胃が痛くなり。

『消化にいいものを食べなさい』ではなく、『食べない方がいい』と話していたこともあり。控えめに食べなさいという意味で言っていたのではなく、本当に食べない方がいいという意味だったのが分かる。

byoin02.jpg

そうは言われても、食べないのも気になり。これで、ダメなら、白いだけの薄いお粥くらいしか食べるものがないのだが。コンビニでゼリー飲料の『アミノバイタル』を買って飲んだところ、胃の痛みがほとんどなく。

お粥を食べ続けるよりは、ゼリー飲料の方が、10秒チャージという宣伝文句もあるなど手軽で常温保存もでき、栄養もあるため、良さそうで。ただ、どんな成分を含んでいるかで、胃にかかる負担も変わりそうなのだが。

1,2年に1回かかるような、久しぶりに休むほどの病気になり、点滴で済んだだけ、まだいいのだが。腹痛がきついだけに、しばらく、家で寝てるしかない。


nice!(312) 
共通テーマ:日記・雑感
 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。