So-net無料ブログ作成
運動や立ち仕事向けなどインソールで靴が変わる ブログトップ

軽快に歩ける 靴のインソール 運動靴のインソールは簡単に交換でき、靴が変わったように歩きやすく、この違いが凄い [運動や立ち仕事向けなどインソールで靴が変わる]

アマゾンのプライムビデオにお笑いコンビ 千原兄弟の『チハラトーク』があり。そこで、靴のインソールを変えただけで、歩くスピードも姿勢も変わり、よく眠れるようにもなり、体調が良くなったという話を千原せいじがしており。

そのインソールというのが、職人が作るオーダーメイドなもので、2万円だったか、3万円だったかかかり、3ヶ月しか持たず、その都度、状態に合わせて作るというものらしく。

しかも、そのインソールが入る靴が限られており、好きな靴が履けないとも話していた。それでも、それで体調が良ければ、その分、マッサージに行く必要もなくなるため、インソールを作った方が安く済むとなり。動画の後半では、話していたインソールを靴から取り出し、見せていた。

最近、運動不足やストレス解消のために、ウォーキングしようと思い、『[アシックス] ランニングシューズ JOLT 2』を買ったのだが。スーパーワイドでゆったりしており、履き心地はいいのだが、もう少しクッションが効けば歩きやすそうなと思っていた。

靴を好みに合わせて改善できないものかなと感じていたところで、この動画を見たため、インソールが気になり調べたのだが。

靴の中に入れるインソールには、薄いインソールをそのまま靴に敷いて使うタイプと、厚みがあるインソールで靴のインソールを抜いて、入れ替えるタイプの2つがあり。

ビジネスシューズや革靴などでは、もともと付いているインソールが取れないのだが。スポーツシューズでは、中のインソールが取れるようになっており、簡単に入れ替えられるらしく、それに驚いた。

これなら、ウォーキングシューズのインソールも簡単に変えられそうだと思い、アマゾンで調べたところ、用途別のインソールが数多く並んでおり。アスリート向けもあれば、立ち仕事用もあり、背を4cmほど高く見せる シークレットインソールまであり、こんなにいろいろあるとは知らなかった。

問題は、買ったインソールが、簡単に付け替えられるかなのだが。最初に、自分の靴のサイズに合わせてインソールを選び、これが、何cm~何cmという幅があるもの。もともと付いていたインソールと買ったものを重ねながら、余分に長い部分を切って調節するだけ。

kutu00.jpg

ウォーキングするためなのだが、レビューが多く、評価が高いものを使ってみようと思い、『O.M.C TOKYO インソール 人間工学に基づいた衝撃吸収』。これは、通勤や立ち仕事、ランニングなどのスポーツ、登山などのアウトドアでもという何でも使えるタイプ。

kutu01.jpg

kutu02.jpg

引き抜いたのが、右のインソールなのだが、左の新しいものと変わらない大きさ。そのまま切らずに、靴に入った。

早速、新しいインソールで歩いたところ、全く違う靴を履いたような感覚で歩きやすく。このインソールは、足の土踏まずあたりからかかとにかけて、クッションが効いており。しかも、土踏まずを押されているような刺激もあるため、歩く感じが違い足を前に出しやすく、クッションの厚みで身長も少し高く見えそうな。

新しいスポーツシューズを履くと足が軽くなったような動きやすさがあり、長く履いていると慣れるのか、それも失われるように感じるのだが。インソールを新しくすることで、この快適さが、大分、戻るんじゃないだろうか。

インソールが、簡単に変えられるということは、例えば、運動会のようなときには、アスリート向けのインソール、暑いときには通気性のいいインソールなど使い分けもできることになり。見た目は、同じ靴ながら、用途別に性能が違うということもできる。

学生の頃に、インソールの違いに気づいていれば、体育などでは違いが出せたかもしれない。


    


nice!(195) 
運動や立ち仕事向けなどインソールで靴が変わる ブログトップ