So-net無料ブログ作成

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1398.大きな声援や笑いに活気があり、意外なUFO話も興味深く [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、チームT2の『手をつなぎながら』公演。ファンの大きな声援も響き、MCも様々な話で笑いも多いなど盛り上がっていた。

前半MCでは、生写真撮影の話があり。18時に解禁され、シューのグッズが発売されたという 宮崎想乃の話から、栗原紗英の『シューで思い出したんだけどさ。みーちゃんが、自己紹介で、生写真のときに変顔をみんな求められるって言ったじゃないですか』と話し始め、荒巻美咲も『そうそう』となるのだが。

『で、紗英が聞いたんですよ、カメラマンさんに。紗英が変顔してって言われてしたら、ほんと偉いねって。何でですかって聞いたら、シューでしてくれるのは、紗英ちゃんと松本日向だけだって、言われたよ』に客席からの『フゥー!』と拍手があり。

栗原紗英の『だから、想乃は、もう裏切ってしなくなっちゃったの』に、松本日向の『普通に、なんか、してとかじゃなくて。生写真は最後で、当たり前みたいな感じやから....逆にやらへん人、おらないと思ってました』があり、話しぶりからも話が違うという雰囲気も伝わってくる。

『この中で、変顔しない人』と栗原紗英から聞かれ、手を挙げたのは、荒巻美咲と宮崎想乃の二人。荒巻美咲の『みんなするんですか?』もあり、栗原紗英から『想乃なんて、はーいと言って、帰って行くらしい』となり、周りのメンバーも笑い出していた。

栗原紗英の『いつか、変顔セットとかで発売したら、面白いし、そうなると、想乃とみーちゃんは、今までの分がないから、何回も撮らないと...』となり。これに、荒巻美咲から『普通の顔を撮った後に、どうにか、変形してもらう』があり、絶対にやらないという 強いこだわりが伝わってくる。

後半MCでは、小田彩加からUFO話があり。『上島楓ちゃん、5期生の、話しかけてくれて。UFO見ましたって、小田に』に客席からの笑いがあり、外園葉月の『これ、やばい』、村川緋杏(びびあん)の『やばいの来たぞ、もう』もあり。

『ちゃんと動画があって、本当に、本当です....それで、小田に、言われた一言が、これは、UFOですか?って聞かれて。UFOですよって』に、周りのメンバーも大笑いしており。『小田ちゃんは、UFO鑑定士みたいな感じですか』と村川緋杏から言われ、小田彩加の『小田が判定しました』に、外園葉月の『UFOの何?小田は』となるのだが。

上島楓の動画について、小田彩加の『ぴかーひゅ、ぴかーひゅ』と説明しており。山下エミリーの『飛行機のさ、なんか、後ろの部分の光とかじゃなくて?』に、小田彩加の『あれは...違いましたね』があり。隣の清水梨央が大笑いしており、村川緋杏の『さすが、UFO鑑定士が..違いましたか』に、専門家な扱いで面白く。

最後に、小田彩加から 『上島楓ちゃんとは、なんか仲良くなれるんじゃないかな』に客席からの笑いもあり、『なんか、怖い』とも言われていたのだが。劇場公演での上島楓のイメージから、そういう話をしなさそうなところで、大きなギャップがある。

この話の後に、山内祐奈、小田彩加、堺萌香の3人で、『ウィンブルドンへ連れてって』の曲中、一緒にウインクしたという話も面白く。小田彩加の『前、一人でやったら、目が痛そうだったって、コメントがあって。トラウマがあって、やるなら、3人で、巻き込もうと....』に笑いもあり、『気づきましたか?』と山内祐奈が客席に向かって聞いたところ、村川緋杏の『5人くらいしかおらへん』となり。

山内祐奈から 『小田がするって言った場所、ちょっとやってみて』と言われ、小田彩加が歌いながらやり始めるのだが。ウインクが一回ではなく、立て続けにあり、小田彩加の『ワンフレーズに、4つもぶち込むという...』に、外園葉月の『ウインク渋滞し過ぎ』もあり、大きな笑いもある。

このシーンをDMMで観たのだが、ウインクするシーンが多い曲でもあり、4つもぶち込んだというところで、引いた感じで映っているため、分かり難かったのだが。その直後、笑顔の小田彩加が映っていた。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(137) 
共通テーマ:日記・雑感

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1397.明るいにぎやかさがあり、みんなでお花見も面白く [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、研究生の『脳内パラダイス』公演。ファンの声援も大きく、メンバーの明るく元気な姿もあり、にぎやかさに活気が感じられる。

自己紹介とお題のところでは、『幸せになる瞬間』がテーマ。幸せになるものなため、好きなものも感じられ、嬉しかった出来事もあり、それぞれのこだわりが感じられるところも興味深く。

村上和叶のところでは、2つあるとなり、熱さに関係しているのだが。村上和叶の『1個目は、めっちゃ、熱いお風呂に入る瞬間』と村上和叶が話したところ、『何度?何度?』と聞かれ、43度となり。『熱い、熱いと思いながら、入るのが幸せなんですよ...』となり、感じとして伝わってくるものもある。

もう一つとして、『めっちゃ、熱い部屋の中で、ラーメンを食べるときが、幸せなんです』もあり、長野雅の『熱いのが好きなんだね』と言われていたのだが。客席に向かって、村上和叶の『分かりますよね、分かるはず、分かるはず...、そう、ホントに、汗をかきながら、熱いなって』となるのだが。

ここで、市村愛里から『全然、公演で、汗かかないよね、..ねぇ...えぇ』があり、ファンに同意を求めつつ、大きな笑いと拍手も起こり。村上和叶の『汗かいてるって!また、そのネタ持ってこないで~』と言いつつ、にじむようなと説明し始め、目立たなそうな汗の話も面白く。

次の水上凜巳花のところでは、高画質という話があり。水上凜巳花の『目が見えることなんですけど、私、ホントに目が悪くて、今まで、後ろの方とか、あんまり見えてなくて....』に、ファンからの低めの『えぇ~』があり。

『今日、コンタクトデビューしまして』と言った途端、客席からの大きな『オォ!』と拍手で盛り上がり、ファンの思いも感じられるのだが。『今、ホントに、高画質なんです、ここが。マジで、映画館みたいな....』と話しており、高画質という表現が分かりやすく。

ユニット曲後のMCでは、長野雅が来ないという話も面白く。市村愛里の『5期生で、お花見行ったよね』に、川平聖の『レッスンの帰りにね』、田中伊桜莉の『そうそうそう...楽しかった』があり。5期生みんなでという話に、仲の良さも伝わってくる。

桜の味のソフトクリームの話が、川平聖からあり。目の前で、お母さんと小さな子がソフトクリームのコーンを買い、川平聖が注文しようとしたところ、小さな子がコーンの上のアイスを落としてしまい、すごい可愛そうとなり。

コーンにしようとしていた 川平聖の『聖は、それを学んで、カップにしたんですよ』に大きな笑いが起こり、長野雅の『あげないのかい!あげる話でしょ、今のは』、市村愛里からも『思ってたんと違う』があり、田中伊桜莉がテッシュをあげたと話していた。

市村愛里、川平聖、田中伊桜莉の3人は、お花見の話で盛り上がっていたのだが、長野雅は、ところどころで話に加わるものの、どこか3人との温度差があり。お花見の話がひと段落したところで、長野雅から 『あの、ちょっとさ、....何気なく相づちうったり、ツッコミ入れたりしたけどさ、....行ってなんですけど』に大きな笑いが起こり。

『あのさ、誘ったんだよね、普通に。5期生、全員で行こうみたいな。そしたらさ....なんで、来れなかったの?』と市村愛里から聞かれ、気まずそうな 長野雅の『別に....まぁ、今回は、ちょっと、いいかなぁ~って、家でお昼寝しちゃい.....』があり。

『5期生って、本当に仲いいじゃん。めちゃくちゃ、仲いいし..そう、なんか、お昼のときとかも円で、みんなで食べたり、あの、写真とかも、いっぱい撮ったりするじゃないですか。この人、全然、撮んない、ツーショットがない.』と市村愛里が話ながら、片手に持ったそろばんで長野雅を指し、川平聖の『雅と一回も、ツーショット撮ったことない』もある。

ここで、長野雅から初めての握手会の話もあり。『そのときに、ファンの方に、雅ちゃん、大丈夫?って言われたの。ツーショットとか、メールとかで送られてきたりしないし、ツイッターでも上がらないけど。ピンショットしかないけど、なんか、されてるの? みたいな』に周りのメンバーも大笑いし、市村愛里から 『されてるのって、最年長だから』とも言われていた。

さらに、長野雅の『SHOWROOMでも、だれだれちゃんと仲いいの?とか、どうなのみたいな、だーって...』に、市村愛里の『そういうコメント、めっちゃ、スルーしてるもんね』もあり。『だって、仲いいじゃん。それ、逆にふれちゃうとさ....あの、不仲説がさ、できちゃうじゃん』と話す 長野雅に、市村愛里の『不仲説っていうか、13対1なんだけど』も面白く、誘っても来ないと話していた。

誘っても来ない、集まりが悪いというのは、これまでの先輩メンバーの話でも、結構あり。各期ごとに誰かいるところに、今どきな自由さが感じられ、ユニークさもある。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(193) 
共通テーマ:日記・雑感

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1396.MVの話も様々あり、おでかけが懐かしく [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、様々なメンバーが出演する 『ただいま 恋愛中』公演。ファンの大きな声援に活気が感じられ、MCでは、新曲のMV話が次々とあるなど、にぎやかさがある。

自己紹介とお題のところでは、この日、発売された 12枚目シングル 『意志』についてとなり。メンバーそれぞれから、MV撮影や特典映像の話が次々とあり、。

中でも、武田智加がセンターを務めた曲 『カモミール』のMV話が多く、地頭江音々のところでも、この話になり。『Dメロの前に間奏があって、みんなが小さい順に並んでるんですよ、タテ一列に。で、小さいものクラブと言えば.....あの、麻莉愛さんは、でも、身長高くなってきて、全然、小さいものクラブというか....中ぐらいクラブなんで』となり。

話が続き、『小さいものクラブと言えば、くどはるとか、くるみちゃんとか、小さいものクラブが、前の方にいたんですけど。あの、タテ一列になりまして、完成のVを見たときに、あれ、おいもちゃんって、こんなところにいるのってところにいるんですよ』に、客席からの『おぉーお』があり。

地頭江音々の『たぶん、おいもちゃんは、サバを読んだんですよ、あそこで。私的には、納得いかないところに、おいもちゃんがいるんで...』に、栗原紗英から 『年齢分、後ろに行ったんやね』に笑いもある。他にも、雨の日の撮影だったのが、完成したら晴れていたもあり、映像から天気の悪さが全く感じられれないところに凄さもある。

12thシングル 『意志』の3タイプに、それぞれ特典映像の『HKT48のお出かけ!指原莉乃卒業スペシャル』があり。最初に、タイプAを見ていたのだが、千葉で極上食材 鯛と自然薯を求めて。釣りでお馴染みの今田美奈でも、なかなか釣れず、運次第なところに釣りの難しさも感じられ、自然薯堀りでは、メンバーが入れそうな深さまで掘っていたり。

指原莉乃とフットボールアワー 後藤輝基の二人が座り、当時の『おでかけ』が、そのまま復活したような感じで、これが懐かしく。『HKT48のおでかけ』が終わってから、2年近く経っていることに驚きもある。

これまでの劇場公演でも、ところどころで特典映像の話をメンバーがしており、自然薯を折った話も、村重杏奈がしていたのだが。最後の最後に、滑り落ちてなため、何が起こるか分からないのも、『おでかけ』らしく。

後半MCでは、『HKT48のヨカⅹヨカ』で誰も信じてくれないという 武田智加の話があり。『昨日が、ちょうど、意志のリリース、フラゲ日だったので。リリース企画みたいな感じで、足つぼマッサージの、こういう敷くやつあるじゃないですか。あれの上で、意志を踊り切れるかっていう...』に、周りのメンバーから『エェー』があり。

『私と紗英ちゃんで、やったんですけど。私が、死ぬほど足つぼが弱くて、もう、立てなかったんですよ。立っただけで痛すぎて、へっぴり腰でいたら、紗英ちゃん、隣で、めっちゃ軽々踊ってて』と話したところ、栗原紗英から『でも、聞いて。終わってから、スタッフさん、みんな、もかが、こんな反応するから、みんなでのったけど、みんな、普通だったの...おい、やったなと』に、客席からの大きな『あぁ~』があり。

『スタッフさんにも、これは、やったなって...誰も信じてくれなくて、.....脚から手まで、しびれてて、ホントに、やばかったんですよ.....』と武田智加は、一生懸命、話していたのだが、司会を務める 地頭江音々の『もかが、こんなに力説しても、たぶん、ほとんどの人が、あいつ、やってんなって思ってる』に低めの笑いもある。

武田智加が前列のファンを見ながら、『だれか信じて、一人でいいから....信じて、信じて.....目を合わせてくれない』に、地頭江音々の『もかちゃんは、やってるかもしれないけど、清き心で見てあげてください』と締めくくるのも面白く。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(187) 
共通テーマ:日記・雑感

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1395.AKB48劇場出張公演 深夜のにぎやかさがあり、女子会な雰囲気もある [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

深夜に行われていた 劇場公演を生配信で観ていたのだが、チームHの『RESET』公演。卒業を控えた 指原莉乃のAKB48劇場 最後の出演でもあり、大人メンバーで夜の雰囲気も新鮮で、人狼ゲームもあるなど、大いに盛り上がっていた。

普段、前座ガールズは5期生が務め、カラフルな衣装で、初々しいさがあるのだが。今回は、深夜でもあり、下野由貴、田中菜津美、村重杏奈、坂口理子の1期生と2期生の4人、登場した瞬間から笑いも起こり。

5期生を真似るように、坂口理子が話し始め、次々と名前を言うのだが、客席からの『可愛い!』の声もあり。初々しい感じを表現しながら、曲が進むに連れて、徐々に荒ぶり始め、曲中の台詞では、クセの強さが伝わってくるところに面白さもある。

『ウッホウッホホ』では、指原莉乃プロデュースのカラコンを片手に、ゴリラな村重杏奈が現れ。曲中、周りのメンバーが激しく踊る中、ステージ上で、カラコンを目に入れており、片方しか入らなかったとなるのだが。

その後のMCで、コンタクトの上に、カラコンを付けてしまい、指原莉乃から使用上の注意でやめてとも言われていたのだが。コンタクトを外して、メガネで出演という話では、田島芽瑠から 『ハリーポッターみたいになっちゃうから』があり、村重杏奈の『誰が、ハリーポッターや.....』に笑いもある。

前半MCでは、植木南央に代読してもらった 生誕祭の手紙の話があり。手紙を書いた上野遥から 『南央さんに、謝りたいことがありまして...下野さんの生誕祭で、お手紙書かせてもらったんですよ...手紙の中に、下野さんは、大学と活動の両立が、ちゃんとできていて、すごい尊敬していますっていうのを、南央さんに読ましてしまって、本当に申し訳ないんですけど』に笑いも起こり。

この流れで、田中菜津美から『南央も....両立してるよね?』と聞かれ、植木南央の『してないよ!』があり、村重杏奈からも 『なんで、こないだ、大学、入ったって言ってたじゃん』となるのだが。ここで、指原莉乃の『待って、それ、ホントに知らないんだけど、なにそれ?女子大生じゃないの?』に、周りのメンバーが『えぇー!』と驚き、大学を辞めたことを話していた。

指原莉乃から 『そういうのって、言うの? ツイッターとかで、大学やめましたって』と聞かれ、植木南央の『私は、ショールームで...』と言った途端、ファンから『めっちゃ泣いてた』があり。本村碧唯と田島芽瑠の『めっちゃ見てる』、指原莉乃の『演者くらいしゃべる』、田中菜津美の『今日、前半MCですよね』もあり、このやり取りも面白く。

後半MCでは、曲 『毒蜘蛛』の話があり。駒田京伽(ひろか)から 『普段、はながやってるところを、今日、美奈ちゃんが覚えてくださってて。毒蜘蛛って曲のときに、はながソロで歌うところがあるんですけど、結構、子供っぽいというか、寄せる唇~みたいな...』.に大きな笑いと『フゥー!』があり、坂口理子の『YOUさんみたいな』に、首を左右に振る 松岡はなもおり。駒田京伽が、松岡はなの真似をして、歌い出した時の声が別人のようで、驚きもある。

駒田京伽の『今日、美奈ちゃんの見てたら、めちゃめちゃなんか、強そうで。そでにいるボスと美奈ちゃんみながら、あのクモが、一番、毒持ってそうやねって、ボスと一緒に..』に、今田美奈も笑い始め、周りのメンバーからも 『似合うよね』と言われていた。

ここから、前座ガールズが、前日に決まった話になり。今田美奈の『私やりたい、私やりたいって、LINEの中で決まった感じだったじゃん』に、坂口理子の『恥ずかしいから、やめてください』、下野由貴の『そんなノリノリ感、出さないで』となるのだが。

今田美奈の『挙手しようかと思ったけど、そんなことしてる場合じゃないなと思って...昨日、引っ越しました、覚えたんですよ。ホントに、ギリギリ、時間かかったので。また、いつかね...博多で、博多に戻ったとき、5期生がいるのか...奪い取って』に、松岡菜摘から『5期に紛れてやれば?』があり。今田美奈の『全然、行けるじゃん』に、周りのメンバーが次々と手を横に振り、坂口理子の『今日のは、悪い手本、過ぎません?』に笑いもある。

劇場公演後に、メンバーによる人狼ゲームがあるのだが。深夜の静かな時間で、暗い空間で星もあり、流れるBGMや効果音の雰囲気も凄いのだが、司会を務める 田島芽瑠から、この場を仕切るホスト感も漂い。人狼ゲームの熟練さから、メンバーをリードする際にもスムーズで、スマートさもある。

下野由貴と上野遥が並んで座り、一つのブランケットを一緒に膝にかけ、仲が良さそうなところ、指原莉乃の『なんだ、その。花見の女みてぇなことしやがってよ、ブランケットかけて....』も面白く。これから始めるというところで、役職を決める前に、指原莉乃の『分かりました!村重が、人狼です!』に笑いもある。

メンバーそれぞれに、キャラクターとしてのイメージもあるため、そこからの人狼ゲームで、嘘をつき、相手をあざむこうとするところで違った一面も感じられ、女子会を見ているような感覚もあり、そこに面白さもある。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(194) 
共通テーマ:日記・雑感

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1394.大きな声援も響き、明るいにぎやかさもあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、R24の『博多リフレッシュ』公演。9人で初めての劇場公演なのだが、ファンの大きな声援や笑いも多く、大いに盛り上がり、温かさも感じられる。

自己紹介とお題のところでは、『最近の出来事』がテーマなのだが。2期生によるR24なため、同期ならではの雰囲気が話す姿にも感じられ、にぎやかさがあり。広い楽屋も、みんなでかたまってという話も微笑ましく、仲の良さが表れているのかもしれない。

駒田京伽(ひろか)のところでは、田島芽瑠との話があり。リハーサルで立ち位置が一緒という 豊永阿紀と、ずっと話していたとなり、駒田京伽の『休憩の間に来て、隣に。なんか、ずっと阿紀ちゃんといるよねって、なんか、なんでみたいな、私は?みたいなこと言ってきて.....ただ、しゃべってただけだよみたいな、私も、どういう立場だってね...』となり、さらに、嫉妬させようとしてくるという話に強い思いも伝わってくるのだが。

駒田京伽の話に合わせ、隣の隣にいた 田島芽瑠は、顔の表情や動きで会話に入ってくるところが面白く。駒田京伽の『結婚するなら、理子ちゃんがいいって、私の目の前で...』には、隣の坂口理子にすり寄るのだが、坂口理子からの反応は無く。最後に、付き合おうかという話では、感動の涙を抑えるように目頭を押さえるなど、いろいろある。この姿から、元気なようにも見えるのだが、喉の調子が悪そうで、季節の変わり目だけに気になり。

上野遥のところでは、前日の生誕祭で読まれた手紙の話があり。『やっぱり、先輩へのお手紙って、すごく、緊張するんですよ。なので、私がお手紙書くって決まったときから、毎日、今まで下野さんと、どんな出来事があったかというのを箇条書きで、毎日、メモをしてたんですよね』と上野遥が話しており、書くための準備も感じられ、几帳面さも伝わってくる。

生誕祭で、手紙を読んでしまうと泣いてしまうため、代読をお願いしたとなり。上野遥の『本村さんか植木、どっちがいい?って言われたんですね....植木さん、スタッフさんが、そう言ってたので』に客席からの笑いがあり。さん付けと呼び捨てで、差が付いているようにも感じられ、この違いも面白く。

『どちらでも、良かったんですけど。じゃ、植木さんでってことで、南央さんに、代読してもらったんですけど。今、ちょっと気づいたことがあって、お手紙の中に、下野さんは、大学と活動の両立が....それを南央さんに読ませてしまった私が、本当に申し訳なくて』に客席からの大きな笑いと拍手が起こり。『公演終わりのツイートに、南央さんが、はるたんからのお手紙良かったな、泣いたって書いたんですけど、違う方の泣いたじゃなかったらいいなと思います』となり、盛り上がっていた。

ユニット曲後に、ソロ曲の企画があり、今回は、秋吉優花が引き当て、『虫のバラード』。ロック調な曲で低い声で歌いあげており、ここまでの曲とも雰囲気が違い、新鮮さもあるのだが。その後のMCでは、秋吉優花から 『7年の重みを込めて歌いました』があり、渕上舞の『ほねほねワルツを歌った子がねぇ、虫のバラードをやるようになるなんて』に大きな笑いも起きていた。

後半MCでは、セーラー服な衣装でメンバーが登場し、坂口理子の『ぴーちゃんが、珍しく、髪をすごい巻いてて。くるんとしてるんですよ、毛先が。ちょっと、この制服着たら、昭和感がすごくて...タッチみたいな』となり、駒田京伽の『甲子園に連れてって!』に大きな笑いがあり。黒いセーラー服だけに、肌の白さも目立って見える。

劇場公演の一部を生中継でも観ていたのだが。この時、坂口理子が急に歌い始め、駒田京伽が踊り出すところも盛り上がっており、そこがカットされていた。短いものだったのだが、曲の一部なため、ダメだったということだろうか。

この後に、プロフィール画像撮影の話があり、初期の頃の話にもなるのだが。朝長美桜の『最初の頃、結構、やばかったよ、テニス少年みたいな』に、坂口理子の『ちょっと焼けてた...私の焼けには、負けるかな』があり、駒田京伽の『りこちゃん、もう、こげとった、こげとったよ』も面白く。

『昔に比べて、ましになった方なんですけど。あすきゃんのね、卒業VTRのときに...』と上野遥が話し始めると、この時点で、客席からの笑いが起こり。『だいたい、有名なすっぴん写真が出てくるじゃないですか。全然、いいんですけど、ちゃっかり後ろに、私が映ってるの、やめてもらっていいですか?いっつも、私が、地味に被害うけてて、毎回、一部のファンの人がざわざわ騒ぎ始めるんですよ』に大きな笑いもある。

プロフィール画像では、何枚も写真を撮り、本人が選んだものを残してという話をしていたのだが。岩花詩乃が3~4枚ぐらい、駒田京伽が20枚ぐらいとなり、他のメンバーは、100枚撮ったとなり、この差が凄く。

こだわりがあまりないという 駒田京伽から 『表情が動かないから、100枚撮っても、全部、一緒の顔なんですよ。ちょっと角度が違うとかだから、マネージャーさんに、どれがいいですか?って聞いて、これって、じゃ、それでって』があり。メンバーにより、違いあるのも興味深い。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(189) 
共通テーマ:日記・雑感