So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1244.合同特別公演 声援も凄く、どちらもという豪華さもあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、AKB48 チーム4とHKT48 チームT2の『手をつなぎながら』公演。AKB48劇場で行われた 合同特別公演でもあり、映像も近く迫力がありつつ、どのメンバーへもファンの大きな声援があり、温かさが感じられる。

AKB48とHKT48で衣装が大きく違い、同じ曲でも衣装の違いで伝わってくるものの違い、どちらもというところも豪華なのだが。連日、記録的な猛暑が続いていることもあるのだろうか、HKT48の衣装の方は、露出度が高く、夏らしいフレッシュさもあり、それぞれの曲で衣装のテイストも大きく変わるため、ギャップがよりありそうな。

調べたところ、『手をつなぎながら』公演は、SKE48 チームS(2009年2月14日 - 10月16日)から始まり、SKE48 チームK2(2009年12月6日 - 2010年9月22日)、HKT48(2011年11月26日 - 2012年3月2日)、HKT48 チームH(2012年3月4日 - 2013年2月17日)、AKB48 峯岸チーム4(2013年11月3日 - 2014年4月15日)、SKE48 チームE(2014年5月2日 - 2016年9月1日)、JKT48 チームT(2015年3月15日~)、SNH48 チームH2(2015年5月29日~)、HKT48 チームT2(2016年12月21日~)、AKB48 村山チーム4(2018年6月6日~)。現在でも、4チームで公演が行われている。

AKB48 村山チーム4 『手をつなぎながら』公演は、新調した衣装になり、HKT48 チームT2の衣装は、HKT48 チームHと同じなのだが。SKE48の衣装とHKT48の衣装は、色が違うものの形は似ているように見え、新調した衣装は、これまでと違い露出度を大きく抑えており、何か理由があるのかもしれない。

ユニット曲後のMCでは、ファンから貰ったお題に、メンバーが一緒にポーズするという 『以心伝心ゲーム』があり。村山彩希、川本紗矢、今村麻莉愛、清水梨央の4人で、博多と言えばというお題に、『めんたいこ』も懐かしく、村山彩希の『なんか分かんないけど、博多って言うより、村重さんじゃない?』に笑いも起きていた。

後半MCでは、濵咲友菜の関西なしゃべりが面白く、曲中の動きや表情も独特で、小柄なのだが目立っており。濵咲友菜の『リハーサルの時に、今村麻莉愛ちゃんが、私の横に、ちょこちょこ来てくれはって。わ、嬉しいと思ったら、なんか、一人で勝手に身長測ってるんですよ』に、客席からの大きな笑いがある。

HKT48でも、度々、身長を比べているだけに、お馴染みなところで面白く。『こいつ生意気やなと正直思ったんですよ。でも、咲友菜勝ってるし、いっか、勝手に測らせとけと思ってたんですけど、なんと、負けてまして....』となり、146cmと148cm。成長に期待という話なのだが、濵咲友菜が16歳、今村麻莉愛が14歳。

大西桃香の『普段、ファンの方から、山下エミリーさんに顔が似てるねって...』があり、山下エミリーが隣に行き、似てると言われる 清水梨央も加わり、3人で並んだところで、濵咲友菜の『でも、大西桃香は、あれなんです、8の中でも、どこにでもいそうな顔なんで、....だから、比べるのは良くないかと思いますね』に笑いも起きていた。

このタイミングで、濵咲友菜の『そんな大西桃香、なんと写真集、発売します!』で盛り上がり、10月3日に発売という話なのだが。大西桃香から見どころを聞かれ、『くびれが凄いんですよ。なんか、ちょっとビーチで、砂がかかった肌とか、みんな好きじゃないですか!』と濵咲友菜が語り始め、関西なノリに活気やにぎやかさがある。

栗原紗英の『ごめんなんだけどさ、すごいおばちゃんに見えてきちゃった』に、濵咲友菜の『ホント、すいません』もあるのだが。栗原紗英から『HKTに、こういうキャラいないんですよ。暴走キャラは、たくさんいても....こういう感じの、なんて言うんですかね.....面白い』、山下エミリーの『やばいね』もあり、リハーサル中、静かにしつつ、温存してたに笑いも起きていた。

テレビ番組 『AKB48チーム8のKANSAI白書 こっそりナンバーワン宣言やで!』を観た事があり、大西桃香と言えば、毎朝 5時半からSHOWROOMで生配信しているだけに、劇場公演の姿に違った一面も感じられる。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(190) 
共通テーマ:日記・雑感

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1243.見た目からの話も盛り上がり、誰?となるのも面白い [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、チームK4の『制服の芽』公演。ファンの大きな声援が響き勢いも感じられ、MCも言い難そうな話に笑いも多く、盛り上がっていた。この日、お披露目から2年を迎えた 4期生も多く出演しており、時の流れも早く。

ユニット曲後のMCでは、1期生 田中菜津美、村重杏奈、森保まどか、4期生 堺萌香、武田智加という組み合わせで、頭一つ分ほどの身長差があり、でこぼこな感じも新しく、外見の話で盛り上がっていた。身長が高い方と低い方で、見た目の違いがあるものの、どちらも同じ様にコンプレックスがあるのも興味深い。

『なつみかんって、身長高いじゃん。でも、なつみかんより身長が低いファンもいるでしょ』と村重杏奈が聞いたところ、『ほとんどだよ』と田中菜津美が話しており。さらに、『男の人とか、どう思うんやろ』に、『嬉しいって言う、見下す....』と言った途端、村重杏奈から『き、気持ち悪い』があり、これに、指差しつつ 田中菜津美の『人のファン!人のファンを!』に大きな笑いがある。

田中菜津美の『私のファンって、ガリ専の人多いじゃないですか、がりがりじゃないと無理という人が多いから。村重とペア握手の時とか、ほとんど、村重見ないよね』に客席からの笑いもあり。村重杏奈からも 『ホントに、マジで腹立つのが、めちゃくちゃデブの人に、村重どう思うのって言ったら、もうちょっと痩せた方がいいと思うよって...』に客席からの笑いと拍手があり、田中菜津美も笑いながら 『ホントにそう』となり。

ここでは、メンバー同士だけではなく、握手会に来てくれる ファンにも、ないものねだりという話なのだが。中でも整っている 森保まどかから 『身長高いのコンプレックスだよね、デカイもん。デカイ女、可愛くないよね』と堺萌香に優しく聞いたところ、堺萌香が話す前に、太い声で田中菜津美から 『おい!横を見ろ!』があり、これに怯える感じも面白く。

前半MCでは、手をつながなくなったという 堺萌香の話もあり。堺萌香の『冨吉さんって、私の事、嫌いなのかなって』に、冨吉明日香の『なんで!なんで!』となるのだが。『ただいま 恋愛中』公演の曲 『ダルイカンジ』で、以前は、手をつないで回っていたものが、手をつないでくれなくなったとなり、客席からの『あ~ぁ』もある。冨吉明日香の『別に、なんか、仲良し感出すところじゃないでしょ』と言いつつ、こんな感じと笑顔で回り出す姿に笑いもある。

前日、ユニット曲後のMCが、すっかりカットされていたこともあり、この公演も途中から生配信で観ていたのだが。ここも一部カットされており、それが気づかないほどで上手くつながり、これも凄い。

後半MCでも、テレビ番組 『HKTBINGO!』の反省会でご飯に行ったという 森保まどかの話も面白く。指原莉乃、森保まどか、坂口理子、今村麻莉愛の4人で行き、森保まどかの『変なメンバーでしょ。さっしーがTwitterにね、書いてくれたんですけど....あまり、HKTに詳しくないファンの方がいて、もり、ぽり、こぴ、まりあって、誰?みたいな』に、周りのメンバーも大笑いしており。

指原莉乃のTwitterには、『反省会?兼ねまして、もりぽりこぴまりあでご飯.....』とひらがなでつなげて書いており、そこでという話なのだが、4人のところ、一人増え、『誰?』というのが面白く。『まりあは、ちゃんとなってるのに、なんで、そこで切っちゃったかな』もあり、最後、森保まどかの『今日から、ぽりです。りこぴは、こぴと呼んでください』もある。

『HKTBINGO!』は、日本テレビで放送され、7月16日の深夜なのだが、正確には、17日の午前1時29分でもあり。午前で深夜の場合、前日の深夜と言うこともあり、そこで、この番組が、いつからとファンに聞いたところ、いろいろ言われていたのかもしれない。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(273) 
共通テーマ:日記・雑感

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1242.ファンの大きな声援もあり、チルドレンな話など笑いも多く [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、様々なメンバーが出演する 『ただいま恋愛中』公演。ファンの声援に活気が感じられ、MCも様々な話で盛り上がり、にぎやかさがある。

自己紹介とお題のところでは、『○○チルドレンのようなものを作るなら』がテーマ。一列目には、植木南央を挟むように植木チルドレン 3人が揃い、永遠に植木チルドレンという 堺萌香、ビジネスではなく割と重いという 坂本愛玲菜、重すぎると引かれるという 今村麻莉愛なのだが。

植木南央から『作りたいというか、あるんですけど。植木チルドレンの中でも、ちょっと私は、二つに分けたいという気持ちがありまして....』があり、坂口理子や渕上舞などソフトなメンバーと分けたいとなり、3人が別格な感じもユニークで。

その後、月足天音のところでは、『おいもちゃんがいるじゃないですか。私が好きとか言ったら、はぁ?にわかとか絶対言われると思ってたので。さっき、二つに分かれたじゃないですか、チームが、だから、安心して、植木チルドレンに入ってみたいなと思います』もあり。さらにメンバーが増えそうなところに、後輩から慕われているのも伝わってくる。

小田彩加から 『ぴーチル』という話もあり。『駒田京伽さんが、小田は、すごく好きで。よく、最近、お仕事とか一緒になると話すんですけど、ぴーさんって、いろんなメンバーに愛されてるから、植木チルドレンよりも、たくさん....』に客席からの大きな笑いが起こり、外園葉月の『ダメよ、それ言っちゃ』、山内祐奈の『今日、めっちゃ揃ってるから、しかられるよ』もあり、口を手で押さえつつ、運上弘菜も笑い出していた。

植木チルドレンも、熊沢世莉奈を愛でる会も、大好きという メンバーが集まり、本人の知らぬ間に結成され、やや困った感じに面白さもあるのだが。『ぴーチル』という響きも残り、どんなグループになるのかが想像できないところに、面白くなりそうな雰囲気もある。

この話の前、『セブンイレブン、7月11日、おお!でしょ。小田は、あれが好きです、銀しゃりって言う 塩むすびが好きです。みなさんも、ぜひ、今日、食べて帰ってください』があり、突然の宣伝に、豊永阿紀の『宣伝部長がいる』もあるのだが。調べたところ、7月11日が、セブンイレブンの日と記念日登録もされており、『銀しゃりむすび 塩むすび』があるのも知らなかった。

ユニット曲後のMCでは、あるあるな話が新しく。DA PUMPの曲 『U.S.A.』のいいねダンスからだと思うのだが、『カモンベイビー○○』と言いつつ、あるあるを話すというもので、振り付きで言い出すところに新鮮さがあり、ちょっと恥ずかしそうにしているところに可愛らしさもあるのだが。途中、スマホで生配信が観れたため、この部分も観れたのだが、DMMでは、ここがすっかりカットされていた。

前半MCでは、春名真依(たこやきレインボー)、公野舞華(はちみつロケット)、HKT48 坂本愛玲菜の3人のユニット 『ガチンコ☆(スター)』で、8月3日から行われる TOKYO IDOL FESTIVAL 2018への出演が決まり、14日にも、Zepp Tokyoでイベントもあるという話があり。他のアイドルグループとのユニットでもあり、松本日向の『私、たこやきレインボーさん好きです』、周りのメンバーからも 『ホントにすごい!』があり、客席からの拍手もある。

植木南央の困っている話も面白く。『私、ココイチがすごく好きで、毎日毎日、ココイチを食べてたんですよ』と話し始めたところ、笑いながら 坂本愛玲菜の『あの、クラスに、ココイチでバイトしてる子がいて...』があり、秋吉優花の友達となるのだが。植木南央の『私、いつも同じ店員だなと思ってたんですよ。そしたら、学校中に、植木が毎日、ココイチに来るって』に、メンバーやファンも大笑いしており。

坂本愛玲菜から 『授業中に、前の席の子なんですけど、ひっそり、HKTの植木南央ちゃんって子が、めっちゃすっぴんで、キャリー引いて、毎日のようにココイチ来とるんやけど、へぇ~って』となり、植木南央の『もう、大好きなのに、それ以来、食べれてなくて、ホントに辛い。前とかも怖くて、最近、何も食べれてないです』に、松本日向の『カレー好きなんですか。.......じゃ、作ったら』があり、植木南央の『....極論ですね』に笑いもある。

後半MCでは、メンバーの独特な振りという 上野遥の話も盛り上がっており。1つは、豊永阿紀となり、この公演の『Mr. Kissman』でステージをはける際、はけながら両手を広げており、山内祐奈の『ミュージカル調な』もあり、笑いもある。

もう一つは、今村麻莉愛となるのだが、これは、チームT2の『手をつなぎながら』公演での振りになるのだが。これは、チームも違い、上野遥が出演する機会も無さそうなところで、今村麻莉愛を真似た振りが凄く。上野遥の『いつかね、出た時には、麻莉愛と一緒に...』もあり、これも面白くなりそうで。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(195) 
共通テーマ:日記・雑感

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1241.山内祐奈の生誕祭 ファンの声援も凄く、思いが感じられる温かさもあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、チームT2の『手をつなぎながら』公演。山内祐奈の生誕祭でもあり、ファンの声援も物凄く、『祐奈一推し』と一斉に掲げる姿に熱気も感じられ、温かい雰囲気がある。

自己紹介とお題のところでは、祐奈の魅力がテーマとなり。外見についても語られていたのだが、中でも、優しさやいい香りを挙げるメンバーが多く。メンバーにより呼び方もいろいろあり、それぞれの親しみも感じられる。

前半MCでは、堺萌香の話で盛り上がっており。地頭江音々の『私は、おいもちゃんの話なんですけど。最近、日に日に、何て言うんですかね、サイコパス化って言うんですか......ホントにサイコパスなんですよ』と話し始め、握手会で二人で写真を撮る際に、指をなめる勢いで噛み、この時にも、汗びっしょりの状態で脚まで絡めて抱き付くとなり、『ホントに頭がおかしいんですよ、おいもちゃんって』に大きな笑いもある。

さらに、植木南央と堺萌香がホテルで同室になった話もあり、これが面白く。地頭江音々から 『その日、南央さんがずっと怯えてたんですよ。どうしよう、おいもちゃんと同室は、ヤバイって言って、ずっと怯えてて....その話をしてたら、おいもちゃんが来て。南央さんが、ぽろっと、今日は、音々ちゃんと同室が良かったなって言ったんですよ。そしたら、音々の服にハンバーグ詰め込んだろかって』と堺萌香を指差しながら話しており、ロコモコを食べていたからという話なのだが、発想もユニークさがある。

松岡はなの『どうなの?おいもちゃんは』と聞かれ、堺萌香の『みなさん、よく考えて。憧れの、大好きな人と同室になってぇも...』と興奮を隠しきれず、周りのメンバーの引いた感じに温度差もある。

一方、『いざ、同室になると緊張して、何も話せなくって、3時間くらい無言で過ごしました。ドライヤーすら緊張して、....ぼ~っとするくらい』とも話しており。植木チルドレンのメンバーで、HKT48に入る前から植木南央の大ファンでもあり、緊張し過ぎてという話に思いの深さも感じられる。

松岡はなの『すごいね、そんなに南央ちゃんが好きなんだね』に、堺萌香の『なんか、気持ち悪いんですけど....好きです』と満面の笑みで話していたのだが。この話の最後、『けど、なんか、一歩進んだなって思いました』という表現も意味深で、3日くらい夢に出そうとも話しており、どれほど大きな出来事だったかも伝わってくる。

武田智加の『4期って、すごくないですか。梨央ちゃんにしろ、いもにしろ....』もあり。堺萌香と清水梨央のどちらにも、地頭江音々が関係しており、清水梨央と地頭江音々は、好かれているため、直接的なのだが。堺萌香とは、同じチームK4 植木南央とのつながりで地頭江音々となり、これも凄い。

生誕祭は、外園葉月が司会を務め、『クイズ 外園葉月はどれだ』も盛り上がっていた。このクイズ、山内祐奈が目隠ししながら、出演メンバーを5秒ほど触り、誰が外園葉月かを当てるというもの。当たり外れで、山内祐奈と外園葉月のどちらかが、萌え台詞という罰ゲームもある。

山内祐奈が目隠ししつつ、メンバーが次々と前に出るのだが。高さでバレないよう 山下エミリーや豊永阿紀は身長を低くしており、急に抱き付く 堺萌香、極端に近づくメンバーも多いのだが、どれも、外園葉月がやりそうな雰囲気もある。最後、山内祐奈が当てられず、萌え台詞を言わされるのだが、恥ずかしそうで短めでもあり。そこで、客席からの声もあり、丸く収めるため、外園葉月も巻き込まれるのも面白い。

手紙は、チームH 駒田京伽(ひろか)から。最初に『ティファニー』とあり、姉妹みたいという話から、誰が書いたかが想像でき、しっかりしている方がお姉ちゃんという話に笑いも起きていた。これも、3姉妹で末っ子 駒田京伽、小さな妹がいる長女 山内祐奈でもあり、キャラクターもあるため、どっちがお姉ちゃんというのも難しそうで。

手紙を読み終えた後、『出てくださいって言ったんですよ、手つなに。そしたら、分かった、17人バージョンでとか言ってた』と山内祐奈が話ながら、『ぴーちゃんに、お手紙だったら嬉しいなって言ったんですよ。そしたら、書かないとか言ってたけど、書いてくれてて、すごく嬉しかったです』もあり、このやり取りにも仲の良さが伺える。

最後、ファンへの言葉があり、18歳の1年を振り返りながら、複雑な心境を打ち明けていた。10代最後の言葉と共に、自分を好きになり、何事に対しても前向きにという強い意志が感じられ、それに応えるように、ファンの大きな拍手も温かく。メモを用意しつつも、それを見る事なく、ファンに思いを伝えていた。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(195) 
共通テーマ:日記・雑感

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1240.深川舞子の生誕祭 笑いも多く、明るいにぎやかさがあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、チームK4の『制服の芽』公演。深川舞子の生誕祭でもあり、ファンの大きな声援もあり、MCでのエピソードに笑いも多く、明るく温かい雰囲気がある。

後半MCでは、前髪を切った 深川舞子の話があり。宮﨑想乃の『お昼に入ってきた時に、めっちゃ、恥ずかしそうに入ってきてて。それが、すごく可愛くて』に、深川舞子の『前髪切ったの10年ぶりくらいなんですよ、ホントに。それくらいだから、逆に恥ずかしくて....自信が持てないんですよ』となり。

ここで、植木南央から『ウソだ!さっき楽屋でさ、南央が、石原さとみさんみたいだねって言ったら、ありがとッ!って、自信しかないやん』に大きな笑いがあり、『否定せいと思ったよ、あんなに謙虚なまいこむが、今日ばかりは』と盛り上がっていた。1期生で前髪を分けた髪型が長いだけに、切った姿が別人のように見えるのだが、キャラクターの変わらない新鮮さもあるだけに驚きがある。

このMCの後、『アンテナ』の曲中、鬼の深川舞子に冨吉明日香が捕まり、暴露話も4,5回目もあり。ここで、今年の選抜総選挙に参加しなかったことで、ネット上で卒業フラグが立ち、握手会でもファンから言われるため、『富吉は絶対ないと思う!』と自ら書き込み、書き込みデビューという話にメンバーも驚き。暴露話のネタが尽きない凄さもあり、本村碧唯の『もう一回くらい、捕まって欲しい』も面白く。

生誕祭では、植木南央が司会を務め、マネージャーからの深川舞子エピソードを当てるクイズがあり。マネージャー目線なところに、メンバーとの違いもあり、中でも、選抜総選挙の際、メンバーに水を渡すなど近くで待機していた マネージャーから、マネージャー全員へのLINEに、『深川、寝そうです』があり、大いに盛り上がっていた。

深川舞子の『待って、待って、待って、マジで寝てない』もあるのだが、答えが出る前から、本村碧唯の『これ、めちゃくちゃ面白い』、下野由貴の『ようできんな~』、植木南央の『マネージャーも、ようLINEに送るな~』もあり。連絡の細かさに、マネージャーがメンバーをよく見ているのも伝わってくるのだが、張り詰めた雰囲気の中だけに、寝そうが面白く。

手紙は、下野由貴から。1歳年上で大学に通っている 下野由貴に、大学への進学を深川舞子から相談された話があり。通う大学も違い、やりたいこと決め、覚悟が必要という話からも芸能活動との両立の難しさが感じられ、真剣さに深川舞子への思いも伝わってくる。

二人が、それぞれ大学に通い、コンサートのリハーサルに出れない時には、二人で一緒に練習など、同じ境遇だからこそ仲がより深まり、助け合いながらという いい話だったのだが。手紙を読み終えた後の流れも、ユニークで。

深川舞子の『今年は、泣かなかったよ.....込み上げてきたものを戻した』に、植木南央の『なんで、戻すねん』、下野由貴の『泣いていいだよ。戻された、こっちの気持ちも考えて欲しいよね』もあり。生誕祭では、泣かせようと手紙を書くという話もあり、手紙に一生懸命で誕生日おめでとう LINEもできなかったという 下野由貴の話もあり、植木南央の『こんなに、しなもんが真面目に書いたのに...』となるのも面白い。

最後、ファンへの言葉では、芸能活動にプラスする意味で大学に進学したという話もあり、前髪を切った事についても、現状維持ではなく、新たに挑戦してとなり。深川舞子の『似合ってるか分からないんですけど、似あってたら似合ってるよって、私に...』に、ファンの『似合ってるよ!』と大きな声があり、ファンの言葉が自信になるとも話していた。

ここで、植木南央の『あのちっちゃかった まいこむが、19歳になって、自分でしっかり考えた道を進んで行く姿を見て、なんか凄く、考え深いですね』と下野由貴へ振り向きながら話し始め、下野由貴の『なんで、私』に大きな笑いもある。

植木南央の『手紙を聞いて、まいこむに言いたい事とか、たくさんあったんですけど、大学トークが胸に、意外と結構....ズキッ』に、下野由貴の『正解が何とかないからね』もあり、『マネージャーがいじわるだから私を司会にするんですよ』に盛り上がっていた。

1年ほど前、植木南央が大学を断念し、辛い思いを話していただけに言葉に重みもあり、それがあるからこそ、ファンの大きな笑いもありそうで。劇場公演後のトークでも、植木南央の『3人とも大学生じゃん....違ったは』に、下野由貴の『それ、いじっていいやつ?』があり、『いじらないとやってられないは』もある。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(242) 
共通テーマ:日記・雑感